« 住まいのフォラム | トップページ | 地域自治のフォラム »

2006年1月12日 (木)

まちづくりのフォラム

誰もがすてきな街を望んでいます。でも、なかなか実現しませんし、むしろ次第に壊されて行くようにも思えます。
どうしてこんなことになるのでしょう。具体的な事例でも、新たな方策の提案でも、自由に記載してください。

|

« 住まいのフォラム | トップページ | 地域自治のフォラム »

コメント

まちづくりに関わる問題は、2005年の小田原では、大変大きな学習に成功し、また素晴らしいその成果を得たと思います。その年末に、私の街で困ったことが発生しました。小田原市城山4-8-8、小田原女子短大の正門のすぐ先にあります「相洋高校閑院研修会館」がとりこわされ、6つの小宅地に区画されてしまおうとしています。(画像の入れ方不勉強です。素晴らしい画像をお送りします。)
この閑院研修会館は、1988年に無くなられた元「閑院宮春仁」さん(1947年に皇籍離脱)の、最後の住まいでした。この地域一体は「小峰」と呼ばれ、広壮な閑院宮家の小田原別邸の地でした。戦後、宮家により宅地としてすべて分譲され、最後の小さな宅地に1961年、現在のハーフティンバースタイルの瀟洒な住まいを造られて老後を過ごされたようです。『ふるさと小田原の建築百景(2003)』にも選ばれ、小澤市長は「小田原を再発見していただく」ためと巻頭文を書いています。
この建物の保全は、景観保全のみではなく、歴史と文化の保全でもあります。
開発者は株式会社マッケンジーハウス(本社平塚/担当姫野専務0463-21-4646 、メール:info@mackenzie.co.jp)、設計者は株式会社秋山設計(本社小田原/秋山社長、松野担当0465-48-9955、メール:a9955@akiyamasekkei.e-arc.jp)です。
このご両者とは、1月6日にお話しできました。「現状を大幅に変更しないで、住居として活用される買い手を探して欲しい。建物解体、区画分譲は避けて欲しい。」とお願いしましたところ、姫野専務、秋山社長のお二人とも、大変前向きで、「現状での買い手探しは、見通しがない訳ではない。努力を続ける」と約束してくださいました。民間事業の開発ですので、事業者の良識に訴えることが最良の道だと思います。
ぜひ、皆さんからも事業者へ「現状保存」をお願いしてください。すてきな小田原が後退しないよう努力しましょう。

投稿: 松本 茂 | 2006年1月12日 (木) 09時52分

このフォラムには、小田原市にとって、いま最大の課題である「駅前再開発ビル建設問題」と「市民ホール50億円プロジェクト」についてのご意見をお寄せください。この二つの大きなプロジェクトの、最終決定が迫っております。

投稿: 松本 茂 | 2006年1月12日 (木) 21時54分

お城通り地区再開発事業 都市建設常任委員会傍聴の報告です。
1月16日(月) 11:00〜12:30  第2委員会室
1時間半ほどの「報告と質疑」の委員会でした。
判明した主な事実
1.「食糧倉庫」は脱退確実。残りだけで事業実施覚悟。
   (浜町線の突き当たりから西に約50m、奥行き約12mの部分が欠落する)
2.「フレキシブルゾーン」は危惧した通り、市の賃借になる。
  「コンベンション」と合わせて、賃借料240百万/年と説明あり。
   (50年賃借で、120億円!)
3.「市民説明会」は、2月に行う予定。
4.「基本設計」は今年度内、3月完了させる。
*私の感触では、かなり事業は困難になってきたように考えます。
*民間地権者から、「代行契約解除」「市のプロパー事業」「市民ホール誘致案」出せないか。
*どのような事業の仕組みにするか。事業費はどのくらいになるか。起債ができるか。

投稿: 松本 茂 | 2006年1月16日 (月) 17時39分

 閑院宮邸の跡地開発の状況報告です。
 「相洋高校閑院研修会館」がとりこわされ、6つの小宅地に区画されてしまおうとしていた造成が、一宅地としての利用の可能性が出て来たようです。サブディビジョンという最悪の状況は避けることができそうです。
 閑院宮春仁さんの美しい旧宅は解体されましたが、廃棄ではなく、移築再建をしてくださる方の手に渡り、この夏頃には新たな用途での復活が始まるそうです。場所は小田原市ではありませんが、至近の「箱根町畑宿」になるようです。以前のイメージが再現されるといいですね。

投稿: 松本 茂 | 2006年3月24日 (金) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/8122325

この記事へのトラックバック一覧です: まちづくりのフォラム:

« 住まいのフォラム | トップページ | 地域自治のフォラム »