« 議会の品質評価を! | トップページ | 再開発「準備」組合のお金の不思議 »

2006年3月24日 (金)

「ボートピア」三たび市民に挑戦

 昨年5月に、35,707筆の設置反対の署名、市議会委員会の推進陳情採択にもかかわらず、小澤良明市長の不同意表明により設置を阻止した「ボートピア」について、3月20日、再び施設新設の届け(開発事業計画届出)が、小田原市開発審査課に提出されました。本日3月24日、「開発事業計画の概要」(標識)が現地に設置されました。それによる概要を記載します。
事業主  有限会社真砂(栄町1-2-7 22-1331)---お寿司屋さんです。
敷地面積 226.37平米---現在は木造2階建てが建っています。
建築物  5階建て鉄骨造 高さ22m 延べ面積882.85平米
建物用途 遊技場併用貸事務所(モーターボート専用舟券売り場)
設計者  プラスアルファ設計事務所(荻窪483-1 66-2320)
説明会  4月3日(金)午後7時 場所 真砂
 「ボートピア反対」は、一昨年の6月から、百人委員会が中心となって、大きな運動を組織し、第2区自治会長役員による推進陳情、市議会の推進陳情採択などがありましたが、小澤市長の不同意表明を得ることができました。事業者は、再び同じ場所で計画をしてまいりました。市長不同意に対する、正面からの挑戦です。
 競輪場に上乗せして、二つ目の公営賭博場を許す訳には参りません。市長の不同意、市議会の反対決議、第2区自治会における民主的な不同意決議、この3つを求めましょう。みなさまの、強い意見表明と、阻止行動へのご協力をお願いします。
まず、来週3日(金)の説明会への参加をお願いします。取り急ぎのお知らせとご協力のお願いです。

|

« 議会の品質評価を! | トップページ | 再開発「準備」組合のお金の不思議 »

コメント

ボートピアは止めましょう。小田原の品格、小田原の将来にとって、何もよいところがありません。こんな物が駅前に出来て、何が城下町サミットですか。恥ずかしい限りです。

投稿: 笹村 出 | 2006年3月27日 (月) 07時21分

パチンコや証券会社もギャンブルだからね。
公営ギャンブルだけを悪者にするのはおかしい。

でも、競輪が大成功して儲かりすぎているならともかく、
苦戦しているなか、そんなに甘いものではないとおもいます。
一度やらせてみてはいかが?
すぐに空中分解でしょう。

投稿: | 2006年4月 4日 (火) 20時46分

民営のギャンブルは公認の賭博ではありません、公営のギャンブルは公認の賭博です。公認が利権であること、振り込め詐欺を「公認の公営」だから許される、公営だから「交通整理されているから良い」、こんな論理はとても恥ずかしい、愚かなことです。吸い上げるシステムでやられる公営賭博は、決して許してはいけません。真砂さんという事業者が利用されることを許してはいけません。苦しむのは真砂さんという商業者なのです。

投稿: 松本 茂 | 2006年4月 4日 (火) 22時40分

通告されていました「説明会 4月3日(金)午後7時 場所 真砂」は、なんと、何らの通告、現場の掲示もなく開催されませんでした。寒空に参加者たちは冷たいシャッターの前で待ちぼうけの空振りでした。
開発事業者の信じがたい行動です。でも、所管課で確認したところ「小田原市中高層建築物等の建築及び開発事業に係る紛争の調整等に関する条例」によりますと、事業者が説明会をすること、しないこと、ともに事業とはリンクしない、説明会をしなければ、しなさいというだけだそうです。
行政は何らの力もありません、しない人には「勧告」するだけだそうです。日本国の法律が優先します。こんな地方行政のために、納税者はせっせと税金を納めている、腹立たしい思いが募ります。何のための条例、何のための市役所、何のための市長さんなんでしょうか。皆さんのご意見お聞かせください。

投稿: 松本 茂 | 2006年4月 4日 (火) 23時00分

反対を押し切る、これはパワー的にはとてつもない大きな力が必要になると思います。
それを何度もくじけずに持ち込む根底にあるもの、その労力、その資金力、どこから来るのでしょうか?
競輪はさほど儲かってはいないとか聞きますが、競艇はそんなに儲かっているんでしょうか?
何故、くじけずに「小田原駅前」に作りたがっているのか?  反対していない他の町、他の駅でない理由を昨晩はお聞きしようと思ったのですが、お時間がないようでしたので、Blog上、または次回お会いしたときにでもご教示くだされば幸いです。

投稿: Take | 2006年4月18日 (火) 15時46分

小田原ボートピアの大きな特徴は、地元自治会長と役員が積極推進派だということです。その意図は分かりませんが、衰退している旧丸井ビル(前回)にしても、今回の真砂すしさんにしても、地元商業者の苦境を助けてやろうといった義侠心のようなものが自治会長にあり、そこを競艇公営賭博事業者が利用しているという構図があるのではないでしょうか。全国で様々な反対運動が起きていますが、すべて「地元自治会役員(消極承認派が多い)」との戦いになっています。事業者がまず自治会長、普通は地元の有力者などを口説くことから始まっています。この賭博事業は、日本財団の権力と市民社会の成熟度の戦いです。地域自治の成熟、民主的成長こそが解決の方向を示すと思います。(コメントが遅れました。ごめんなさい。)

投稿: 松本 茂 | 2006年4月21日 (金) 10時14分

解説ありがとうございます。
結局は経済の問題であり、安直とも思える手法と言うことなのでしょうか。
駅周辺の寂れ方は考えなければならない問題ですが、自治会が良かれと思うことが全く逆さまのベクトルであることを、解らせる事が焦点になるのでしょうか。
リーダーが聞く耳を持っていればいいのですが、如何でしょうか。説明会等には出来るだけ出るようにしたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: Take | 2006年4月24日 (月) 14時47分

Take様 今後の展開を監視してください。自治会や自治体に下ろされる利得はまったくわずかなもので、それ欲しさにそれぞれの機関がなびいているとはとても思えません。やはり権力体制に支えられた利権構図なのだと思います。富籤以来、庶民の小銭を巻き上げる事業は、様々な姿で出現、拡大あるいは縮小、消滅していきますが、やはり根本的には社会の倫理、経済の倫理として把握したいと思います。これまで、教育環境の問題としてPTAなどが熱心に取り組まれましたが、それ以上に「人のこころ」の問題として、宗教人のご発言もいただきたいと思います。私は競輪場の至近に住まいしておりますが、来場される方達の姿を毎日目にし、その悲しい姿に心傷めております。肢体の不自由な方なども多くいられます。数百円数千円というなけなしのお金を投じているのです。「公営賭博」という、合法非倫理の犯罪を許してはいけないと信じます。

投稿: 松本 茂 | 2006年4月24日 (月) 17時29分

市長不同意かとおもいきゃ、誘致推進の陳情採択があって、
行政の対応はなんだか分裂していますね。

ところで、6月から駐車監視員制度がスタートするそうですが、ボートピア客が違法駐車しても検挙するんでしょうか?
競輪客なんて警察も見逃しているようですし。
大切な金をどぶに捨てにきてくれる大事なカモなんだから、
多少のことは見逃してくれて居るんでしょう。

ボートピアが誘致された暁には笹川じいさんの「孝子の像」ができるんでしょうね。

投稿: | 2006年5月 8日 (月) 17時17分

これだけ電話投票が普及している中、場外やって人が来るんでしょうか?
建物が完成したところで、客が来るんでしょうか?

そういえば、昨年秋に市が景観条例の説明会を市民会館でやったときに、K伊勢のO崎さんとその子分とおぼしき仲間が、大声でヤジを飛ばしていたな。
「ボートピアをなぜ潰したんだ!!」
「あんな、町の活性化になるものなのに、市長は何考えて居るんだ!!」

聞けば、O崎さんはなんとか連合会会長という大物、
小田原の駅前商人はボートピアに期待しているんでしょうか?

投稿: | 2006年5月 8日 (月) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/9238840

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボートピア」三たび市民に挑戦:

« 議会の品質評価を! | トップページ | 再開発「準備」組合のお金の不思議 »