« 日本の都市計画を市民の手に | トップページ | まち壊しマップ作成中 »

2006年4月26日 (水)

チェルノブイリ原発事故

 20年前、1986年4月26日、チェルノブイリ原発事故の放射能汚染によってたいへん悲惨な状況が生まれました。20年後の今日に至っても未だ被害は拡大しているようです。放射能汚染から環境を回復することの困難さを知らされています。原発震災による放射能汚染の危険性が指摘され続けている「浜岡原発」、私たちの身近にも極めて大きな恐怖が存在しているのです。この危険を防止するための「運転停止の意見書提出」の陳情が小田原市議会で審査されたことをご存知でしょうか。2004年11月10日、総務民生常任委員会(委員長小松久信さん)にこの陳情が出されました。市議さんたちがどのような論議をなさるのか、大きな関心をもって傍聴しましたが、あっという間に不採択になりました。「どこそことどこそこの議会は不採択です」という事務局からの発言、二人の議員の採択賛成発言、そして委員長の「経済活動を止める訳にはいかんよな」、採決、2対5で不採択になったのです。
 確かに、原発の運転停止は、中部電力という一私企業の営業停止という問題より、かなり大きな問題であることは確かです。しかし、代替電力供給ができることは、広くいわれておりましたし、経済活動が止まるという風に短絡するのは、余りに杜撰な論理ではないでしょうか。原発震災の危険を真剣に訴える陳情については、市民生活の安全を第一に考えるべき代議者たちには、もう少し真剣に論議して欲しかったと思います。
 今日、原発震災の危険を広く知ってもらう貴重な本が出版されました。ぜひ、ご一読ください。
(浜岡原子力発電所は、静岡市の南西約50Km、浜松からは東へ約50Kmの静岡県御前崎市佐倉に位置しています。東京まで190Km、小田原まで120Kmです。)
====================================================
重大出版! この大地震から6〜8時間後に、予期せぬ事態が・・・
     それは日本中を壊す!死ぬな読者。生き残るための一冊!
『放射能で首都圏消滅 —誰も知らない震災対策—』
http://blog.livedoor.jp/stop_hamaoka/archives/50522896.html
◆食品と暮らしの安全基金 ◆古長谷 稔(こながや みのる)著
定価1260円 三五館  【東海地震パニックと「浜岡」の原発で、
首都圏は放射能で汚染される!全てを報告し、全てに答えた本】
====================================================
この写真を見る

|

« 日本の都市計画を市民の手に | トップページ | まち壊しマップ作成中 »

コメント

 追加情報です。上記委員会審査の会議録と陳情書の写しを公開してもらいました。(4月26日に請求して5月1日に謄本交付というのは今迄で最速)「原発震災を防ぐための施策を要請するよう求める陳情書(原発震災を防ぐ全国署名連絡会)」でした。会議録を見ると、平成14年6月21日にも「一時休止を求める意見書提出」の陳情が別団体名で出ている、持参した方はどちらも古長谷さんという方(事務局長)と事務局が説明。
 各委員の意見、小林俊夫議員「止めるのは現実的に無理、不採択」杉山三郎議員「不採択」相沢博議員「問題は理解するが即刻停止は無理、不採択」井原義雄議員「新潟地震でも柏崎刈羽原発は正常、不採択」檜山智子議員「たびたびの原発事故を見ても安全説明は信じがたい、採択」関野隆司議員「もう少し調査したいが、採決するなら採択」飯山茂雄議員「もう少し調べたい、継続審査」ということでした。継続1、採択2、不採択4、よって不採択と決定。
 陳情書にはこう書いてあります。「人間の力で地震を止めることはできないが、原発を止めることはできる。技術を過信せず、自然の脅威に謙虚であれ」日本人の技術過信に警鐘を鳴らすような事故が多発しています。経済優先、危機軽視の市議さんたち、今でも同じ考えなのか伺ってみたいですね。
 全国署名連絡会では、合計84万8638人署名を昨年4月に首相に提出したそうです。

投稿: 松本 茂 | 2006年5月 1日 (月) 19時45分

原発はダメです。絶対にダメです。
チェルノブイリから20年ですか。そんなに経ったとは、思いませんでした。被害は、世界中に及んでいるようで、乳がんの発生が、日本海側に多いいのは、チェルノブイリの影響なのか。と言う記事もありました。現地での食べ物からの2次汚染の放射能被害の報告は、目覆うような深刻さです。

こんな恐ろしい物が無ければ、やって行けないような社会状況を、一刻も早く変えなければ、必ず後悔するときが来る。

科学者には、安全な代替エネルギー開発のため、莫大な費用をかけている、プルサーマルの経費を回して、次のことを考えてもらいたい。生活者は、できる事を少しでもやる。運良く事故が起こる前に、何とか浜岡原発に寝てもらおう。

投稿: 笹村 出 | 2006年5月 3日 (水) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/9770000

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリ原発事故:

« 日本の都市計画を市民の手に | トップページ | まち壊しマップ作成中 »