« 2006年4月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年5月

2006年5月29日 (月)

「景観法」の意味するもの

 昨日5月28日の日曜日、「真鶴町景観計画策定記念シンポジウム/美のいぶき」に行ってまいりました。真鶴町は私の住んでいる小田原に隣接する景勝の町です。人口は多分9千人ほどですが、「美の町」真鶴という大胆な指標を掲げて町政をなさっている注目の町です。真鶴町まちづくり条例の第10条には、美の原則8項を示し、その基準は規則「美の基準」で定めるとしています。第1号は、場所 建築は場所を尊重し、風景を支配しないようにしなければならない、とされています。美の町を目指すには、数値で規制するのではなく、理念で誘導するという手法を選択されたのでしょう。事前公開・説明会・事前協議等を経て、「重大な影響がある」ものに対しては「真鶴町まちづくり公聴会」の開催となります。「条例の不履行」に対しては、町は「必要な協力を行わない」という非常手段を使うことになるのでしょうか。公共サービス(上下水道など)の停止というのは、損害賠償の対象となり、自治体の首長はもちろん、担当職員にまで賠償責任が及ぶという判例もあるそうで、怖いことになります。
 今、東京の国立市(人口7万ほど)では、明和地所というデベロッパーと裁判係争中です。風景を支配するマンション(高さ20mに整えたい町に14階建て44m)に対しての、国立市の抑制が損害賠償請求されているのです。いくつもの裁判が同時進行中ですが、その中で、頼りなげですが「景観の利益」という概念が認知される等、大きな犠牲をともないましたが、今までにない成果を勝ち取っているようです。
 日本社会では、企業をコントロールできるのは「国」であって、自治体は企業にとっては単なる従順なお客さんか、クレームをつける悪徳客のどちらかようです。企業には「国」をバックにした強い姿勢がちらつきます。85年以降の自由自在開発時代を経て、やや市民の運動に覚醒した自治体の動きに国も引きずられてきたのでしょうか。「景観法」という、柄にもない基本法を国が誕生させました。こんなフロックのような状況を、活かすのは自治体、市民の甲斐性次第ということのようです。
 真鶴町長の青木さんは、たいへん自負のある饒舌な方のように見受けましたが、真鶴流景観計画が、耳目を集めるよう、まちづくり担当職員の能力開発に成功されることを願いながら、我が小田原市政府は、自律心のある自治体になれるのだろうかと、とても心もとない気持ちで帰宅しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

公文書不存在決定通知書

 去る4月26日に、小田原市選挙管理委員会に「小田原市選挙人名簿の抄本の閲覧に申請書の係る記録」の公開請求をいたしました。その回答が「不存在」でした。この事件の経過を述べます。
 3月に「お城通り地区再開発」の2回の市民説明会がありましたが、その時の発言等から市民の方々がこの事業の姿を良くご存じないことが明らかになりました。そのため小田原市長に対し、市民周知をはかること、アンケート調査による市民意向の把握等を求めましたが、「市議会に説明した。広報おだわらにも載せた。説明会も開いた。もう十分説明した。これ以上やらない。」と言う回答でした。そのため市民団体「小田原の駅前を再生する市民連絡会議」が往復はがきによるアンケート調査を実施するにあたり、「公共の目的のために行う世論調査」として、選挙人名簿の閲覧を求めましたが、「認められません」との回答。それでは、誰なら認めて誰なら認めないのか、これまでの事務処理を開示してくれという公開請求の結果が「不存在」です。
 3年前2003年の5月に、市民団体「”スパウザ小田原”の買い取りを考える会」が、選挙人名簿から無作為抽出方式でアンケート調査を実施しています。公正であるべき選挙管理委員会が、恣意的にその事務処理を行い、しかもその姿を覆い隠してしまう、そんな専制君主国家のような自治体組織を許すことは出来ません。
 「文書管理規程」では、文書の保存期間は3年、5年、10年、永年の4種に定められていますが、文書課長と合議して決めることができるとなっており、選管では、「1年」に決めたというのです。文書保存がたったの1年、過去をどんどん捨ててしまって、闇に葬る。こんなことがまかり通っているのです。
 1年分の「閲覧に掛る申請書の記録」は拝見できました。これらはすべて、国、県、市などの「公」の機関から委託を受けた調査会社と「記者クラブに所属する報道機関」によるものです。公共の目的のためにする市民の「共」は、「公」が所有する情報には接させないということなのですね。まさに未成熟市民国家の姿を露呈させた小田原市の行政です。この事件は、とりあえず監査請求したいと考えています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

まち壊しマップ作成中

 只今、「まち壊しマップ」を作成中です。変な日本語ですが、まちづくり研究者仲間では通用している用語のようです。まちを壊している、まちを壊そうとしている事例を示すマップだそうです。この小田原でも、ひどい事例がいくつも出現してきました。今年の8月のまちづくり研究集会のために「小田原まち壊しマップ」をつくっています。
 みなさまにお願いです。みなさまがご存知の「小田原まち壊し」事例を教えてください。これは困る、これは問題だ、そんな身近な事例をお知らせください。おおよその状況などを教えてください。このブログに書き込んでいただくか、メールでお知らせください。smat2@nifty.com

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年8月 »