« 「景観法」の意味するもの | トップページ | 住生活基本法の施行に思う »

2006年8月 3日 (木)

「まち壊しマップ」に考える

小田原まち壊しマップ
やっと、まち壊しマップをつくり上げました。15件の事例を拾い上げました。これ以外にももっとたくさんのまち壊しが進行しています。いずれも、「違法性」が無いとして、「粛々と」事業が進行しています。まちづくりに関して、都市住民の自治というものが、ひどく貶められていることを痛感しますが、それ以上に、市町村という基礎自治体の政府に、自治の気概が薄いことは、驚くほどです。都市計画法制が国家主導で、自治体に権限が無いことが、最大の問題ではありますが、自律的に自治行政を強めていこうという気が弱いことは、悲しいことです。
ここ2年半ほどのわずかな期間、いろいろな街づくりに関わってきましたが、小田原市政府の非力さと無定見ぶりは、放置してはならない段階に来ていることを強く感じました。何かおかしい。どこかで大きく狂っているように思います。市の職員は皆それぞれに誠実で、意欲ある方と見受けますが、それらの行政執行力が無惨にねじ曲げられているのではないでしょうか。早急に、真剣に対応しなければなりません。
 8月6日、「日本住宅会議2006サマーセミナー」で、このまち壊しマップをベースに小田原の都市再生を考える報告をいたします。お時間のある方、ご参集いただければ幸いです。( 8月6日(日)午前9時より12時迄 於水之尾 サンサンヒルズ小田原 0465-23-8603)

小田原まち壊しマップ 事例概要
1.競輪場 操業中 敷地面積 47,970㎡ 延べ床面積 12,060㎡ 収容人員 17,000人 見直しに入る予定
2.小田原高校校舎建替え工事 工事中 敷地面積 48,671㎡ 延べ床面積 12,313㎡ 高さ 14.9m 高度地区12m(適用除外)[八幡山古郭保存整備]
3.西口駅前崖上マンション 開発手続中 敷地面積 1,930㎡ 延べ床面積 4,950㎡ 高さ 31m(9m崖上の商業地域、高度地区31m)住民運動開始
4.元閑院宮邸宅地造成 造成工事中 敷地面積 931㎡ 6区画分譲計画を1区画販売に変更中 建物解体移築(箱根畑宿)
5.城山三丁目マンション計画 計画中止/歴史公園計画 敷地面積 3,920㎡ 延べ床面積 7,973㎡ 高さ 42.47m(高度地区15m)[八幡山古郭保存整備]
6.南町四丁目早川口マンション計画 埋蔵文化財調査工事中 敷地面積 1,265㎡ 延べ床面積 3,779㎡ 高さ 44.55m(高度地区20/15m・既存不適格適用)
7.東口「再開発」計画 事業施行者公募計画中 敷地面積 6,729㎡ 延べ床面積 18,254㎡ 高さ 31m(延べ床面積 46,128㎡ 高さ 127mを見直し)
8.ボートピア計画 市長不同意で中止 昨年5月35,707筆の設置反対署名にて阻止 本年3月再度建築計画を申請中
9.60m高層マンション工事 工事中 敷地面積 2,655㎡ 延べ床面積 19,162㎡ 高さ 59.10m
10.「城下町ホール」計画 基本設計完了 敷地面積 約5,900㎡ 延べ床面積 8,500㎡程度 高さ 31m エスキースコンペで山本理顕設計工場に委託
11.住居地域高層マンション工事 工事中 敷地面積 1,204㎡ 延べ床面積 5,995㎡ 高さ 42.99m(高度地区20m指定済・既存不適格適用)
12.景観条例違反マンション外観 居住済 虚偽の届出により「勧告」「勧告に従わないことを公表」
● 城跡整備 馬出門桝形復元工事 工事中 隅櫓橋・学橋の撤去 「史跡小田原城跡本丸・二の丸整備基本構想」平成5(1993)年3月 
● アジアセンター 施設閉鎖中 1962年に(財)MRAハウスが設置 2006年3月耐震性不足で営業自粛、6月末日で閉鎖。現在施設再生を模索中。
● (スパウザ小田原) ヒルトン小田原が賃借営業中 オレンジ輸入自由化 減反 雇用促進事業団の開発 破綻 小田原市取得 ヒルトンホテルに賃貸

|

« 「景観法」の意味するもの | トップページ | 住生活基本法の施行に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/11247920

この記事へのトラックバック一覧です: 「まち壊しマップ」に考える:

« 「景観法」の意味するもの | トップページ | 住生活基本法の施行に思う »