« 住生活基本法の施行に思う | トップページ | 小田原市長との面談 »

2006年8月14日 (月)

小田原市政府の公平性とは??

まず「小田原駅東口お城通り地区再開発事業」のことです。6月14日に「事業施行者募集要綱素案」なるものを発表し、7月上旬から8月上旬にかけて募集を行い、月内に審査を終え、9月上旬に事業施行者を決定するとしました。その後、7月28日になると、これまでの「一般業務代行者・村井敬合同設計」との契約を解除する、理由は公平性、透明性を保つため、誤解を避けるためなどと奇妙なことを発表しました。村井敬さん自身が事業施行者になりそうだから、誤解されないようにした。これが、小田原市の公平性、透明性なんですね。笑い者になっておしまいということでしょうか。いい加減にして欲しい。
この事業の資金の流れ
次に、「(仮称)城下町ホール」です。(仮称)城下町ホール設計者選定委員会(第1回会議は昨年9月27日)の委員に音響専門家として日大教授「本杉省三」なる人物が居りますが、なんと彼は、7月13日と17日の「市民説明会」には、設計協力者として説明会に参加しているのです。これも、小田原市の公平性、透明性なんでしょうか。
市民説明会では、この事業は、様々な問題を指摘されて、拙速に事業を進行させるのではなく、慎重な検討をかさね、新たな見直しも考えるべきという意見が多く出されました。それに対しての回答は、「市長のマニフェストで平成19年度着工となっている。ご理解願いたい」とのこと。市長の選挙公約のために、拙速計画の「とりあえずホール」を着工してしまうという無責任無定見ぶりです。しかもその上、この事業の資金調達手法については、市民に対して説明をまったくしておりません。こんな「透明性」は噴飯ものです。
3番目は「小田原駅西口40mマンション」です。西口愛宕山は、高さ9mの擁壁によって駅前道路に面しています。この9m上の地域が、なんと商業地域、そのため高度地区指定も第4種31mという訳です。9mの地盤の上から31m、つまり40mのマンション計画出現です。地域指定がまったくの失政であることは明白。ここを無定見に商業地域に指定したときの「都市計画審議会」の議事録公開を求めたら、そんなものございませんと言う回答。何を審議したのか不明です。これが透明性でしょうか。
もうひとつ4番目は「早川口15階建て44mマンション」です。建築確認はかの「イーホームズ」の民間確認、しかも確認日は平成17年5月31日。6月15日には高度地区指定がなされ、この敷地は高さ20mと15mの指定となっています。小田原市建築指導課の説明によると昨年6月7日着工、従って高度地区指定以前の建築物(既存不適格建築物)として、44.55m建てることができるそうですが、未だに基礎工事を中断したまま、モデルルームも閉鎖して事業は進んでいません。工事が継続していないとして、高度地区指定に従った計画変更の指導がどうして出来ないのでしょうか。法の公平性を保つため? 20m制限の地域に、2年後突如44mのマンション出現なんて、市民常識に反しますが、小田原市の公平性保持のためなんですか。

|

« 住生活基本法の施行に思う | トップページ | 小田原市長との面談 »

コメント

小田原市のことの進め方を、こんないい加減なものにしているのは、市民が監視してこなかったからでしょう。
小田原オンブズマンが必要なのでしょうか

今小田原市の職員は、大変萎縮しているように感じます。
それで、意欲のある人も、動けなくなっているように見えます。
どうやれば、透明性が保てるかの方法を教えてあげないといけないのでしょう。
今、久野でやろうとしている里山事業では、市民主体でと、行政の役割をどう回避するかばかり、見えてしまいます。

投稿: 笹村 出 | 2006年8月15日 (火) 06時29分

選挙前たった1ヶ月で作られたマニフェストを実行に移すバカ市長と市職員。それを止められない議会と市議会議員。
次の市議会議員選挙がヤマです。イエスマン議員は落選させなければなりません。

投稿: 武松正し? | 2006年8月15日 (火) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/11433118

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市政府の公平性とは??:

« 住生活基本法の施行に思う | トップページ | 小田原市長との面談 »