« 迷走プロジェクトいよいよ墜落? | トップページ | 小田原市議会のこと »

2006年9月12日 (火)

非市民ホールと非市民議会

 今日9月12日、総務民生常任委員会に「(仮称)城下町ホール」の陳情審査と市民意見の聴取の総括報告が行われました。このプロジェクトは、市議の皆さんの問題理解が極めて低く、私たちの陳情がきちんと理解していただけるのかという不安がありました。ひょっとすると、不採択なんてこともあり得るかもと、ある種の覚悟をしておりましたが、それなりに陳情趣旨をご理解いただき、なんとか「継続審査」になりました。しかも全員一致で。ただし、もう一つの同類の陳情については、守屋議員と細田議員が「不採択」の意思表明をされました。質疑の中で、7月から始めた東電用地の折衝は、先方の前向きの対応が報告され、それなら少し待って用地の整備ができてから設計すべきではという意見が高まりました。
 今日の委員会は、議案、報告などが目白押しで、10時開会16時閉会という長丁場でした。傍聴席は定刻前にすぐ満員となり、傍聴者はまたまた「音声モニター室」に回されてしまいました。市議さん、職員さんは布ばりクッションありの立派な椅子、傍聴者は折りたたみの3000円ほどのパイプ椅子。委員会が、会議室の変更を求めればすぐ解決することですが、先日の都市建設常任委員会(三廻部周雄委員長、武松忠副委員長)、そして今回の総務民生常任委員会(中野隆雄委員長、青木正光副委員長)ともに、ご配慮いただけませんでした。このことは、速やかに解決していただかねばなりません。二つの陳情とも「継続審査」となりましたので、10月、11月ころの閉会中審査に掛るでしょう。この委員会では傍聴者の人権をきちんと守ってもらいましょう。
 篠原所管課課長の「基本設計に対する市民意見の状況」報告では、意見総数488件について、はなはだ雑駁な紹介がなされ、「これでもう十分に意見は聞いた。基本設計の変更を求めるような意見には対処しない。実施設計で修正できるような意見にだけ対処する。音響は、専門家がシミュレーションで良好と診断しているので、専門家以外の「市民意見」「利用者意見」は聴かない。8月21日に、神奈川県企業庁地域振興施設等整備事業によりこのプロジェクトの整備をしてもらうことの了解が得られた。小田原を「水源地指定」にしてもらったので、金融費用を低廉にして算定した家賃と返済で使用できる。従って19年度着工、20年度完工の予定で事業を進める。市議会には折々に報告だけはする。(承認してもらう必要はない。市民の意見はもう聞かない。)」という趣旨の発言がありました。欠陥用地、欠陥計画を抱えたまま離陸しようというのでしょうか。失速墜落の責任は、結局市民全員で償うことになるのです。今後の対応を早急に強化しなければなりません。
現在の用地利用計画案と段階的整備私案の対比図です。

|

« 迷走プロジェクトいよいよ墜落? | トップページ | 小田原市議会のこと »

コメント

確かに、ここまで進んでしまった段階で、今更どうしようもないような気にもなる。
だとすると、今進めようとしていることは、どんな形でやっているかと言えば、全て秘密裏だ。

広域のゴミ焼却場のことだ。市役所の担当に聞きに行っても、全てはまだ決まっていない、の回答のみ。
きっと決まった時には、すでに全てが変えがたいものとして、市民には手が出せない準備がしてあるのだと思う。

だから、決まった事でも、おかしなことは、とことん変えさせなければ、ことの進め方がいつになっても、市民はうるさいので蚊帳の外と言う事になる。

投稿: 笹村 出 | 2006年9月14日 (木) 08時40分

笹村さん
「きっと決まった時には、すでに全てが変えがたいものとして、市民には手が出せない準備がしてある」
行政が、説明会を開く、市民意見を聞く、パブリックコメントを募集する、市長宛の手紙用紙を配布する、すべて「聞きっぱなしにする」「聞いたことで計画を見直すなんてありえない」「聞くだけのセレモニー」であることを、断ち切らねばなりません。「今更どうしようもない」段階に来たものを断念させなければ何も変わりません。市民が本気になれば、地方行政は変わります。何回か失敗はあっても、無駄な血が流れても、これをやらない限り、行政も議会も変わりません。覚悟を決めて最後までやり抜きましょう。
「広域ゴミ焼却場」という新たな大型公共事業についても、できるだけ早い段階で問題を補足し、その問題指摘を広く市民に知ってもらう、こんなかなりしんどいことが、私たち無権力の市民にはどうしても必要なのだと思います。

投稿: 松本 茂 | 2006年9月14日 (木) 12時02分

全く、松本さんの言われるとおりです。
行政が、市民の声を聞く、本当の意味を、知ってもらうためにも、「どうしようもないところまで来てしまった」ように見えても、ゼロからやり直せるのだ。というところを、何としても実現しましょう。

「最初から、市民の声をしっかりと聞く、手法を作り出さないと、何も出来ないんだ。」ということを、行政に学習してもらいましょう。

投稿: 笹村 出 | 2006年9月15日 (金) 06時18分

加藤議員のBlogより
(仮称)城下町ホールに関する意見は以前からも言っているように、古いコンセプトそのままであの位置に建設することに疑問を呈し議論してきた。駐車場の確保や観光主体であるべきお堀端通り周辺利用形態からすると賛同できない計画であると再三にわたり言ってきたが、現在基本設計から実施設計に移行しており、行政も一定の手順を踏んで計画遂行をしていることから、今は現計画により早期に建設することを望むことにしている。

武松議員も同様の日記を書いていました。
小田原は城下町のせいか、上司に従う、ものわかりの良い議員が多いですね。

投稿: 南足柄のポン | 2006年9月15日 (金) 16時55分

議会傍聴の折りたたみ椅子ですが、
せめて、音声傍聴の折り重ね椅子にできないか、
ムダを承知で申し入れしてきました。
これなら金も手間もかからず、今すぐにできると思います。
さすがに執行部用の椅子では議員の反発があるでしょうし、
予算も必要ですから、できることからやれるようにしましょう。

今の委員会の傍聴体制では、
まるで、反省して立たされているような感じすらしますね。

投稿: | 2006年9月21日 (木) 09時29分

http://www.y-ozawa.net/manifesto.
小沢悪明のマニュフェストだそうです。

投稿: | 2006年9月21日 (木) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/11870268

この記事へのトラックバック一覧です: 非市民ホールと非市民議会:

« 迷走プロジェクトいよいよ墜落? | トップページ | 小田原市議会のこと »