« 陳情不採択 | トップページ | 12月15日の市議会と市長の答弁 »

2006年11月26日 (日)

八幡山古郭の夢

 今日11月26日(日)、何とも長時間の「シンポジウム」に朝の10時から参加しました。「戦国時代の小田原城を考える」です。ご記憶の方も多いと思いますが、城山三丁目963-4他13筆、敷地面積3,920㎡、13階建、高さ42.47mという、沼津のデベロッパー株式会社地建による開発、一昨年2004年12月14日の近隣説明会から始まったマンション建設阻止運動を思い起こして下さい。現況と開発後の姿合成写真
 この運動は、2005年6月1日の開発業者からこの用地の買い取り申入れで決着しました。(運動の経緯は、URL:http://homepage3.nifty.com/art-vivre/phot/odawara_3.html でご覧ください。)市は、八幡山古郭東曲輪として保全したいとしての買収交渉は、この2年前から始まっていましたが、土地所有者と合意が成立せず、「取得を断念した」と市長が答弁していたのです。その断念地に巨大マンションが建つ、しょうがないなと見て見ぬ振りの市政府を市民運動が攻め立てて、市長がやっと沼津まで足を運んだのですが、業者から9億4500万円という価格を提示され、市側の提示価格6億2000万円と余りに大きな差があり、またもや「取得を断念」と市長が市民運動団体に説明。市民運動側で、開発業者側を追い込んでいき高度地区指定決定日6月15日までの着工を困難と判断させるまでにした結果、市提示の価格で譲渡となったのです。
 わずか3,920㎡の土地ですが、北条古郭整備に踏み切った第一歩です。北条五代を都市の記憶としているにしては、この町にあまりにもその事績は少ないのです。ほとんど「幻」のごとくであった八幡山古郭に、文化庁の支援を受け、文化財行政が初めて手をつけたのです。城跡整備の新しい第一歩です。
 今日のシンポジウムは、そのスタートを高らかに宣言する大イベントだったのです。文化庁の伊藤主任文化財調査官、城郭研究会代表の小笠原氏、市民運動代表の河田氏もパネラーで参加され、それぞれに有意義な講演などがありましたが、これからの小田原市の文化財行政力には、やや不安を感じさせるものがありました。この古郭整備のために、文化庁は2006年1月に、この用地部分を国の史跡指定にしており、現在工事中の県立高校敷地も、完成後に史跡指定予定になっています。このような国の指定が支えにはなりますが、市のプロパーの文化財行政として、なにをやるか、はなはだ心もとない感じを受けました。
 大正9(1920)年の東海道熱海線の設置で古城と新城の間が無惨に開削され、古城区域は、長期に渡り放置され、開発が進んでしまっております。この古城八幡山古郭を整備して、都市の歴史記憶に資するものとするのならば、鉄道敷地に対しても、復元の手をつけるべきではないでしょうか。東海道新幹線は、小田原駅から約200mほど青橋付近で墜道に入りますが、東海道本線と箱根登山鉄道は、そこから約200m先で墜道に入ります。この200m部分の復元は、古郭整備にとって大変重要な要素になってくるでしょう。
 青橋から城山墜道まで、人工地盤で小田原城域が復元できたらと、長時間のシンポジウムで、想を練ってしまいました。20年後にはそうなっていますようにと願いながら。

|

« 陳情不採択 | トップページ | 12月15日の市議会と市長の答弁 »

コメント

マメゾンや川田さんの家も立ち退きでしょうね(わ)
JRの線路のところを人工地盤にすると、100億近くかかるのではないでしょうか?
青橋ですら、11億かかったようですよ。
夢があけど、夢で終わりそうな話ですね。

投稿: | 2006年11月29日 (水) 17時16分

何だ、あれだけ大騒ぎしてたのに、まだほったらかしだったんだ。
市に用地買収させたんだから、チャンとその後の事も責任持って欲しいですね。

それと、マンション反対じゃなくて史跡保存が目的というのなら、
2年前に市と「協力して」用地買収に動いていれば、大切な"血税"を他所の人に渡さなくてすんだんじゃ?

投稿: the silver | 2007年1月28日 (日) 11時41分

the silver様
コメントありがとうございます。現在小田原市では、買収済みのマンション用地のみで、史跡保存の範囲での「公園的整備」をなさるおつもりのようです。隣接用地に対するお考え、処置などは、施策に入っていないようです。所管は「みどり公園課」です。

投稿: 松本 茂 | 2007年1月28日 (日) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/12837871

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡山古郭の夢:

« 陳情不採択 | トップページ | 12月15日の市議会と市長の答弁 »