« 公文書不存在について異議申立て | トップページ | 講演会 「市民が主人公」のまちづくり »

2007年1月27日 (土)

市民のための情報ショップ

 小田原市役所の4階に「行政情報センター」という、小さなセクションがあります。地方政府とは言え、かなりの予算規模で、大勢の職員さんが従事されている小田原市政府、それに議会、膨大な市民のための情報を蓄積しています。しかし、この情報は、常時開示ではありません。公開請求書を出して2週間ほど待たないと、公開決定がなされません。所有している情報を、開示していいかどうかに、2週間もかかるのです。ひょっとすると開示するための公文書を新たに作っているのかもしれません。
 多くの市民のみなさんが、手間ひまと費用を掛けて文書公開をなさっておりますが、それがいつでも市民の目に広く伝わるような仕組みが欲しいですね。行政府にとって、知って欲しくない情報、特に財政状況の開示など、全市民大きな関心があるでしょう。
 小田原で、錦通りとか銀座通りとか中心商業街区のお店で、情報ショップが成立すると良いですね。ご研究いただけませんか。取り敢えずですが、今署名運動中の「城下町ホール整備事業」関連情報を整理しましたので、カフェ マ・メゾン(0465-24-5512、城山、月曜定休、11時から18時まで)に公開しております。お時間のある時、閲覧ください。それ以外の情報も、整理でき次第備えます。

|

« 公文書不存在について異議申立て | トップページ | 講演会 「市民が主人公」のまちづくり »

コメント

郵送でも請求できるのだから、別に駅前になくてもいいのでは?
ただ、webでできないのは片手落ち。

2週間もかかるのは審査会など虚礼があるから、
議会に出せば議長の権限で早くできるそうです。

投稿: | 2007年1月31日 (水) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/13679908

この記事へのトラックバック一覧です: 市民のための情報ショップ:

« 公文書不存在について異議申立て | トップページ | 講演会 「市民が主人公」のまちづくり »