« まち壊しへの旅立ち | トップページ | 市民の知る権利 »

2007年4月22日 (日)

市民説明

 今週は(仮称)城下町ホール市民説明会の前半3回が開催されました。火曜17日の市民会館と金曜20日のマロニエに参加しました。これまでと違い、自治会の役員さん方が大勢いらしてました。各自治会2名の責任動員とか聞きましたが、どちらの会場も満員で活気に満ちておりました。自治会の役員さん方は、ほとんど発言されませんでしたが、見直しを求める意見への「ヤジ」は、元気になさっておりました。
 小田原の「陰」を目の当たりにした思いでしたが、それでも彼らなりに、この説明会は大変大きな学習機会になったのではないかと思います。市長に「サイレントマジョリティー」と言われた冨川自治会総連合会長さんもお出ででしたので、事業推進のご発言があるものと期待しましたが、何もありませんでした。
 市長はお見えになっておりませんでしたが、一寸木市民部長さんが、これまでの経緯からこの事業の正当性を説明されましたが、市民からの疑問には納得できる回答はなさっておりませんでした。しかも「説明会」の性格について、「実施設計を説明するだけで意見を聞いても対応はしない」と明言されました。すごい「説明会」です。まさに「市長が主人公」の小田原市行政の姿が見えました。(土曜21日には、小田原市文化連盟への「説明」があったそうですが、会の終了後、元小田原市生涯学習部長の稲子紀夫氏(文化連盟事務局)が、発言者の一人に対し、胸ぐらをつかんで殴打する仕草をされたとお聞きしました。こんなことが通用していて良いのでしょうか。)
 今週は、市議選が行われましたが、新たに構成された市議会が、小田原の「陰」を吹っ切って、議会改革を進めていただき、迷走する小田原市行政に対するチェック機能を果たしていただくことを切望します。

|

« まち壊しへの旅立ち | トップページ | 市民の知る権利 »

コメント

選挙中にやったのは議員に見せないことが目的だったのでは?
付帯決議逃れで

投稿: | 2007年5月14日 (月) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/14815020

この記事へのトラックバック一覧です: 市民説明:

« まち壊しへの旅立ち | トップページ | 市民の知る権利 »