« 一方通行の「市民説明」? | トップページ | 小田原市情報公開審査会 »

2007年6月19日 (火)

住民監査請求審査会での陳述

 去る6月5日に提出しました「小田原市職員措置請求書」に係る証拠の提出及び陳述が、本日(2007年6月19日)行われました。監査委員は秋山栄雄、神戸和男、木村信市の3氏です。小田原市には常時3人の監査委員が「市の予算、事務事業の執行監査」のためにお仕事をなさっています(平成19年度予算—監査委員費ー72,554千円)。請求事項は「不適切な業務の結果不当な広報支出をしたことの損害を市長以下の理事者は補填すべし」というものですが、監査委員の皆さんは、請求人陳述者側の遠慮がちな背景論議にも多少踏み込んで、質問などをして下さいました。その後、「立会人」と位置づけられた市民部長、文化交流課職員、広報広聴課職員などからの聴取は、誠に心ない形式論議のみのもので、小田原の将来責任を背負っている自負は全く感じられませんでした。監査委員の皆さんの公正な判断の如何が、小田原市民文化の未来を開くか閉じるかにかかっていると思います。
 小田原市長が、なぜ異議を唱える市民と向き合って対話できないのか、なぜ弱い立場の職員に、ごり押しの広報などさせて、苦しめるのか、もしそんな怯懦な人生を望むなら、首長などの職にとどまるのはあなたにとって誠に不幸なことです。決断をして下さい。
 本日、陳述の機会をつくって下さった監査委員、この場に立ち会ってくださった大勢の市民、市議のみなさんに衷心より感謝を申し上げます。
 (追記)「監査委員費ー72,554千円」とことさらに注記したのは、冗費という意味なのかという叱正をいただきました。確かに、現在の監査手法であるなら、冗費に近いのかもしれませんが、各会計総額1435億円の監査としては、たいへん小さい費用です。現在の市職員(6人)による監査事務、3人の非常勤委員による監査では、適正な監査が出来るとは考えられません。監査は、当然「外部監査」でしか正当性の保証は難しいでしょう。小田原市は外部監査の採用を日程にあげていないようです。「市町村ではやってないのが普通」との回答ですが、歳出についてだけでも、きちんと洗浄して欲しいもの、そのための支出は、市民も認めてくれるはずです。

|

« 一方通行の「市民説明」? | トップページ | 小田原市情報公開審査会 »

コメント

包括外部監査の「通信簿」全国市民オンブズマン連絡会議http://jkcc.gr.jp/data/00004.htmlは次のような外部監査の事例を報告しています。

病院事業:千葉市,横浜市,川崎市,名古屋市,京都市,新潟市,富山市,神戸市,豊橋市,金沢市

公社と出資団体:札幌市,福岡市,神戸市,宇都宮市,富山市,金沢市,長野市,姫路市,和歌山市,堺市,浜松市,岐阜市,浜松市

財政援助団体:仙台市,熊本市,いわき市

公有財産・物品管理:札幌市,金沢市,和歌山市,長崎市,鹿児島市

契約(入札を含む):広島市,豊橋市

旅費等公金支出:宇都宮市

基金・起債:京都市,宮崎市

公の施設・運営:和歌山県,大分市

債権(債権管理):大阪市,広島市,北九州市,長崎市

税・未収金:新潟市,福山市,静岡市,高知市,熊本市,鹿児島市

情報電算システム:川崎市,長野市,高松市

市営住宅:静岡市

地方公営企業:仙台市,大阪市,福岡市,富山市,岐阜市,豊田市,姫路市

特別会計:浜松市,北九州市

補助金:広島市,秋田市,いわき市

ゴミ収集及び処分:岡山市

交通災害共済事業:大分市

監査人の報酬は633万円~3000万円とのことです。

投稿: | 2007年6月21日 (木) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/15494517

この記事へのトラックバック一覧です: 住民監査請求審査会での陳述:

« 一方通行の「市民説明」? | トップページ | 小田原市情報公開審査会 »