« 参院選挙と憲法の行方 | トップページ | 愚かな「再開発」施策 »

2007年7月31日 (火)

早川口に44m高層マンション!!!

  「国道1号線は、電線地中化でずいぶん景観が良くなりました。昨年2005年の6月15日には高度地区の指定もなされ、沿道は建物最高高さは20mに制限されました。小田原の方はお気づきでしょうが、早川口の角となりにマンション建築現場が長期にわたって放置され、モデルハウスも閉鎖されていますね。」こんな書き出しで、昨年2006年10月18日、31日、11月10日の3回にわたって記事を続けました。藤川都市部長とのQアンドAをぜひお読みください。
 高度地区指定から2年以上もたっていますが、20m規制の高度地区指定の地域に、「2005年5月31日に民間確認検査機関イーホームズで、高さ44.55mの確認済み証の交付を受け、2005年6月8日に土工事開始したが、茶碗が出土したので、即刻工事中止した。6月15日に高度地区指定され高さ制限20mとなる。その後埋蔵物調査に入り、年末12月27日まで続いた。2006年1月7日に工事開始し、6月中旬ころまで杭打ち、山止め、根切り、杭頭処理などしたが、その後は工事は滞っているようで、モデルハウスも閉鎖したと聞くが、その後の状況は未確認。工事中止の連絡はない。従って工事は継続していると認識している。この建築物は着工済みであるから『既存不適格建築物』として、高度地区の20m規制は受けない。高さ44mの建物が建つ。」という法論理で、指定高さの2倍を超える高さの建築物が建つのです。
 今月に入り、工事が再開されました。新しい仮囲いが出来ています。これから「既存不適格建築物」が出現するのです。こんなまち壊しを、都市経営者の小田原市は黙っているだけなのです。
 まち壊しより、自由な経済活動が優先するということでしょうか。それとも、上級機関、県、国の指導に従うだけということなのでしょうか。行政指導は違法な介入と見なされるので一切していないということのようです。
 小田原市には、都市計画の自治権を主張する気概はないのでしょうか。自らが指定した規制が無視されるのを指をくわえて見ているだけですか。

|

« 参院選挙と憲法の行方 | トップページ | 愚かな「再開発」施策 »

コメント

こんなことがまかり通るなら、
高さ規制なんていくらでもごまかせるんじゃないないの?

投稿: | 2007年8月 7日 (火) 09時16分

工事をストップさせて、裁判となり、負けて損害賠償請求を受けたら、
職員に負担させるおつもりでしょうか?
結局、市民の負担となるのではありませんか?

投稿: 森 | 2007年8月 7日 (火) 18時57分

 森様は、この事案の推移を良くご存知でコメントされたのですね。とても、信じ難い行政姿勢です。行政庁は、自らが責務を負っている住民の福祉のために、公正な行政執行を行うべきと思います。森さんが言われるような「損害賠償請求」事件が発生するリスクを避けるために、何らの規制もせずに手をこまねいているというのが適切なことなのでしょうか。「結局市民の負担」と言われますが、20m高度制限地区に44mの建物が出現することは市民の負担ではないのですか。
 私も、法制を無視した過剰な行政規制をすべきなどとは考えません。しかし、この事案はあまりにも異常な経緯を経て、市民を驚愕させる「まち壊し」になるのです。公共事業体の職員として、住民の福祉のために努めてください。

投稿: 松本 茂 | 2007年8月10日 (金) 06時41分

損害賠償請求があるような事態になるということは、その対応が正しくなかったということです。正しくないことを行政はすべきではありません。松本さんもすべきではありません。私自身もしてはならないと思っています。そういうわけで、この工事をストップさせることはすべきではありません。残念ですが。

投稿: 林 | 2007年8月23日 (木) 20時13分

市民のほうが市を訴えるしかないですね。
特に小澤さん、訴訟を起こされながら選挙にお出になるんでしょうね。
地獄の底まで追いかけていきますよ。

投稿: | 2007年8月28日 (火) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/15956264

この記事へのトラックバック一覧です: 早川口に44m高層マンション!!!:

« 参院選挙と憲法の行方 | トップページ | 愚かな「再開発」施策 »