« 住民監査請求審査会での陳述 | トップページ | 建設経済常任委員会傍聴記 »

2007年7月21日 (土)

小田原市情報公開審査会

5月29日の記事「一部公開?」の関連記事です。
これまでの経緯
5月2日  「小田原市が神奈川県企業庁へ申し入れた(仮称)城下町ホール整備事業にかかる施設建設工事費5,700,000,000円の積算根拠を示す文書」の公開を請求
5月18日 「(積算根拠の公開は)市の利益を不当に害する恐れがあるため」として、一部公開決定通知
5月28日 「処分を取り消すとの決定を求める」異議申立て
6月11日 「情報公開審査会に諮問したとの」小田原市長からの通知
6月26日 小田原市長より審査会長に「入札事務の妨げになるとの」理由説明書提出
7月3日 審査会長より異議申立人に「小田原市長の理由書に対する意見書の提出を求める」要請
7月12日 「一部公開とした理由は、全く正当性のないもの」とする意見書提出
 市民に対する情報の公開は、市政の根幹を示すものです。57億円という工事費の算定根拠は、一切公開しないという理由が、「工事種別毎の内訳金額を現段階において公開することは、いたずらに情報の混乱を招き、入札事務の妨げになることが大いに懸念されるため」としています。どの情報を公開することが、どのような情報の混乱を招くのかは明示されておりません。
 本件の建築物は、ホール建築としてはかなり異例な構造計画を選択しています。山本理顕氏が提案し、藤森照信氏が選定した、このHPシェルの鉄筋コンクリート構造は、極めて大胆なもので、地方都市の市民ホールの計画として適正なものであるのかは慎重に審査されねばならないものです。特に、構造体へのコスト増が、客席設備、舞台機構等のコストを圧迫していないか、全体のコストバランスは正常か、このようなことを判断するためには、市民に対して内訳が公開されることは絶対に必要なことです。「情報の混乱を招く」などという曖昧、身勝手な理由で非開示とすることは、小田原市行政執行者の意識が、市民無視であることを露呈しています。
 地方公共団体が有する情報は、すべてその構成員に公開されるべきで、例外的に非開示とするときは、個別限定的にその根拠を明示するべきです。審査会の委員の方々の公正な審査を信じております。

|

« 住民監査請求審査会での陳述 | トップページ | 建設経済常任委員会傍聴記 »

コメント

 貴殿のブログに一言失礼します。
 城下町ホールが、「地方都市の市民ホールとして適正なものであるかどうか」についてのチェックは、既に市議会で結論が出ています。もちろん適正ということです。この市議会の議決の重みをもう一度考えていただきたいです。
 また、詳細な積算根拠が出ても、現実問題として、そこから適正でないと結論を導くことは困難です。それとも、松本さんは、具体的に適正金額を提示できるのでしょうか?適正金額は、例えば50億円以下である、と言うようにですが。そして、併せてその積算根拠も。できるということなら、最初から示していただきたいです。
 いずれにしても、一連の松本さん方の活動で、膨大な時間と市税が浪費されていることは、想像に難くありません。残念です。

投稿: 長野みちる | 2007年7月22日 (日) 14時46分

長野みちる様 ご丁寧なご意見ありがとうございます。
 たしかに、一般会計予算が一括で上程され、その中に第3条の債務負担行為としての6,342,148千円も、23人の議員の賛同によって、付帯決議付きで承認されております。[この市議会の議決の重み]は十分に認識いたしております。しかし、[「地方都市の市民ホールとして適正なものであるかどうか」についてのチェックは、既に市議会で結論が出ています。]とまで言えるかについては、にわかに同意できません。これまでの市議会委員会での執行部報告と質疑、予算特別委の質疑等は欠かさず傍聴して参りましたが、審査が十分で、適正が確認されたとはとても思えません。(委員会の議事録は、今年度から情報センターで公開されています。ご一見いただきたく存じます。)
 私も現行の代議制を否定するものではありませんが、このような長期にわたる重要な事業の情報は、住民に公開されるべきです。実施設計は非公開ですので、せめて公開された「概要」をもとにコストバランスを確かめるということが、[膨大な時間と市税が浪費]することになるのでしょうか。工事費総額57億円がもっと安くなるということを確かめるためではありません。
 なお、異議申立ての趣旨は「非開示の不当性」です。行政執行者が有する情報は、開示によって、執行者の利益を著しく損なうものでない限り開示されるべきです。ご理解いただきたく存じます。

投稿: 松本 茂 | 2007年7月22日 (日) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/15833363

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市情報公開審査会:

« 住民監査請求審査会での陳述 | トップページ | 建設経済常任委員会傍聴記 »