« なぜ、交渉権者が説明主体? | トップページ | 建築の質 »

2007年8月28日 (火)

「これが城下町ホールだ」???

 8月22日の神静民報の第2面全面に、小澤良明市長の弁明が掲載されました。今更、何をという弁明です。この事業の問題は、用地整備を怠ってきて、とりあえずの公用地(わずか5,903平米)を敷地として、道路付け替えという姑息な手段で見切り発車したことから、不幸は始まったのですよ。そして、設計者選定の「大誤算」(選定委員の独善と不明)による、お祭り広場ホール(HPシェル構造という無謀)の山本理顕案の採用。市民がわずかの望みを託していた「基本構想」を無視した約束違反が、問題の根幹なのですよ。市民が求めているのは、普通の堅実な市民ホールで、設計者の個人的記念碑などではないのですよ。設計者選定委員会の「審査」記録を添付します。「審査1」「審査2」
 「市長さ〜ん」もう一度、市民との約束に立ち返って「文化、芸術、交流の拠点」を作る事業にして下さい。
 ところで、この記事には、「お城通り地区再開発事業」と「地下街再生」について、言及があります。このふたつこそ、きちんとした解決を図るべき事案です。ともに、長い日時の経過と、無駄な費用の支出をしてきた「愚策」の見本のようなものです。「地下街再生」は「過去の経験から慎重に対応している--」そうですが、一方「お城通り地区再開発事業」については、9月定例会に二つの債務負担行為を提案なさるようですね。両方で45億円ほどとか。期間は10年と20年(借地契約は50年?)だそうです。この3月には63億の債務負担。これで108億ですよ。市長さんの任期は、後9ヶ月。この時期になって、後代に108億の借金を残されるのですか。ちょっと常軌を逸していますよ。

|

« なぜ、交渉権者が説明主体? | トップページ | 建築の質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/16266807

この記事へのトラックバック一覧です: 「これが城下町ホールだ」???:

« なぜ、交渉権者が説明主体? | トップページ | 建築の質 »