« 市長さ〜ん!! | トップページ | 住民監査請求(駅前再開発) »

2007年9月30日 (日)

もう一度、建築の質(城下町ホール)

 今月の初めにも、「建築の質」と標記して記事を出しました。都市にとって、このことが如何に大切なことか、黙っていられず再度しつこく書かせていただきます。
 山本理顕氏の「凸面状の空間を造りたい」というエスキース案が、「非日常性を感じさせる魅力ある提案」という藤森照信さんなどの意思が選定委員によって支持され、小田原市によって山本理顕氏は設計者と決定され、そして基本設計、実施設計と進み、小田原市は遂にその建設工事を神奈川県企業庁に要請したようです。
 この間、市民意見は凸面状の空間によって犠牲になった「ホール機能」を鋭く指摘し、見直しを求める署名は、36,000にもなりました。しかし、小田原市の執行機関も議会も、「非日常性を感じさせる魅力ある提案」は、小田原市のまちづくりにとって、必須の事業として大きな財政負担を承認しました。
 まず、この事業によって、山本理顕氏が言われる「凸面状の空間」が出現するのでしょうか。確かにHPシェルによる壁面は完成するでしょうが、ホール機能を満たすべくさまざまな反射板や照明設備、音響設備、舞台設備が附置されますので、「凸面状の空間」は、「半分」の姿をさらすことになります。山本氏が望んだ空間は、まさに中途半端な、おぞましいものになる危険さえあります。藤森さんが魅力を感じた「非日常性」は、エスキースの中にだけあったのではないでしょうか。
 私たちの小田原のまちの中心に出現する建造物は、まちづくりの決定的要素になります。ランドマークとでも言うべき建造物が、このような不確かで、不明な意思決定によって現実化するというのは、何とも理解できません。もしも、小澤市長、市議各位が、この建築構想を優れたものとお考えなら、山本氏がイメージされている、都市の自由広場、お祭り広場を求めるのであれば、「基本構想」を改定して、山本氏の「凸面状の空間」を最後まで、完全な形で実現させてやるべきです。この自由広場構想を支持し、この事業の早期実現を陳情されている方々は、どうしてこのような中途半端な建築を容認するのでしょう。ささやかにでも都市の質に誇りをお持ちであれば、こんな不明な建造物を許すべきではないでしょう。
 繰り返しますが、都市にとって建築の質は、極めて重要な要素です。その判断がつかないのであれば、市政を担う資格はありません。自らに判断力がないのであれば、しかるべき外部評価を受けるべきです。
GA JAPAN 79号(3-4/2006)に紹介された山本理顕氏の構想されている空間です。

|

« 市長さ〜ん!! | トップページ | 住民監査請求(駅前再開発) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/16619111

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度、建築の質(城下町ホール):

« 市長さ〜ん!! | トップページ | 住民監査請求(駅前再開発) »