« 住民監査請求(駅前再開発)の陳述 | トップページ | 小田原中心商業地の再生 »

2007年10月26日 (金)

住民監査請求(駅前再開発)の陳述をしました

 今日2007年10月26日、小田原駅東口お城通り地区再開発事業にかかる住民監査請求の請求人陳述をしました。高橋代表の陳述に続いて、用意した陳述をさせていただきました。大勢の立会人の市民、市議のみなさま、誠にありがとうございました。
 この事業は、公共財産使用管理の違法性が最大の問題ですが、ある局面で眺めると小田原市のまちづくり行政の「典型」的な施策によるものです。今風にいえば、アウトソーシング、きつくいえば他人委せ、おんぶにだっこの施策です。村井敬様に続いて登場のアーバン様、何とか早く形にして下さい、如何様にもやらせていただきますので。こんな風に感じます。(城下町ホールも同様です。)
 「業務委託」の如何に多いことか、驚くばかりです。コンサルタント業者の大得意先になっているのではないでしょうか。知り得た範囲で上げてみます。日本設計様112,644千円、都市基盤整備公団様6,991千円、日本技術開発様3,885千円、日本経済研究所様7,707千円、全国市街地再開発協会様6,142千円、村井敬合同設計様54,310千円、ランドブレイン様4,168千円、パシフィックコンサルタンツ様4,987千円、総計200,834千円です。(パシフィック様は10月末までの契約だったのですが、来年3月まで延ばしたと、今日お聞きしました。このつぎはどなたが「補助業務」を受託なさるのでしょう)
 今日は請求人の陳述に続いて、関係職員の陳述もありました。庄司部長以下皆さん総出でお出でになりましたが、飯塚課長お一人の陳述で、庄司部長以下どなたも発言なしでした。議会、委員会では、皆さん巧みに発言なさるのに、飯塚課長の実直な答弁にお委せでした。とても痛々しい光景でした。
 10月5日の請求ですから、11月中には監査の結果が通知されます。

|

« 住民監査請求(駅前再開発)の陳述 | トップページ | 小田原中心商業地の再生 »

コメント

こんな稚拙な珍述が採択される訳ないでしょ。

あなたたちに付き合っている職員の無駄な時間と労力こそ、監査請求の対象とされるべきです。

投稿: | 2007年10月27日 (土) 03時13分

 無名様、「稚拙」な「「珍述」だったかも知れませんが、情報不足の中で精いっぱい努力しました。でも、無名で書き込みするほど無礼で貧困な行いだったとは思いません。なお、関係職員の陳述に、市議会委員会審査のような「ご一同様」を招いたわけではありません。担当部長お一人がお出でになれば済むことだと思います。「職員の無駄な時間と労力こそ、監査請求の対象とされるべき」とお考えなら、至急なさって下さい。

投稿: 松本 茂 | 2007年10月27日 (土) 07時25分

 松本さんは、この開発事業のおいて、公共施設を増やした方が良いとお考えなのでしょうか?
 それとも、商業施設を増やした方がよいとお考えなのでしょうか?
 両方とも反対のように受け取れますが・・・
 いずれにしても、松本さんの代替案を示して、市の案よりすぐれているところを説明する必要があると思いますが、どうなのでしょうか?
 そうでなければ、このまま放置しておける問題ではないのですから、市の案で仕方がないってことになると思います。

投稿: 信濃 | 2007年10月27日 (土) 12時43分

 現在の「再開発」施策に対して、2005年から見直しを求めて参りました。現在の小田原市の財政状況、あるいは行政の経営能力などから、民間活力による大型の開発が前提で進んでおります。この基本政策を修正して、現在の市の財政力、経営力に見合った小規模の開発にとどめるべきと考えます。
 小田原市が主導する事業である限り、公共性の高い施設を中心に据えることが求められますし、これによって中心市街地再生のアクセルになることができると考えます。50年という長期にわたって拘束される一般定期借地権による公用地貸与で成立するような商業施設の開発は公共団体のやるべきことではありません。
 この事業が長期にわたって迷走してきたこと、そのために信濃様は「もうそろそろ」「ここまで来たのだから」というお気持ちなのでしょうか。誇りある地方公共団体として、公共財産の管理には適正な責務を果たすべきと思います。

投稿: 松本 茂 | 2007年10月27日 (土) 13時22分

 お返事をいただいて、恐縮いたします。
 「公共性の高い施設を中心に」ということですが、抽象的でよくわかりません。具体的にはどんな施設なのでしょうか?それは、商業施設より市にとって高コストなものになるのではないでしょうか。
 そして、それが、「中心市街地のアクセルになる」という根拠は何なのでしょうか?
 駅前の高価な土地に、小規模な開発をすることが、「土地の効率的な活用」になるのでしょうか。
 私には、まだ松本さんの意見の方が優れているとは思えないのですが。

投稿: 信濃 | 2007年10月27日 (土) 23時35分

私も、松本さんが考えている代替案の具体的プラン・資金計画・運営収支を見てみてみたいなあ。

投稿: 尾座輪 | 2007年10月29日 (月) 00時58分

信濃様
 10月27日のコメントにありました「代替案を示して、市の案よりすぐれているところを説明する必要があると思います」「そうでなければ、市の案で仕方がない」というご意見には速やかには賛同いたしかねます。
 ただ、私個人が考えている「代替案」をお示しすることは、意味のないことではないと思いますので、別項の記事を起こさせていただきます。
尾座輪様
 「具体的プラン・資金計画・運営収支を見てみてみたいなあ」ということですが、これに関しては現在の施策の見直しが決定された際に、お示しするものと思います。

投稿: 松本 茂 | 2007年10月29日 (月) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/16883275

この記事へのトラックバック一覧です: 住民監査請求(駅前再開発)の陳述をしました:

« 住民監査請求(駅前再開発)の陳述 | トップページ | 小田原中心商業地の再生 »