« 住まいのこと | トップページ | 住民監査請求(駅前再開発)の陳述をしました »

2007年10月21日 (日)

住民監査請求(駅前再開発)の陳述

 10月5日の続報です。小田原市議会は、「再開発」のための新たな用地の取得を本会議即決で承認しました。委員会審査を省略すべしとした議運、行政側提案を丸呑みする賛成多数の議員。手続の合法性を主張しながら、事業主体の「準備組合」の意思決定は不明、事業施行者に化した「優先交渉権者」主導の所管課の暴走。まともな答弁が出来ない執行部。9月定例会の最終日は、こんな姿が浮き彫りになりました。
 見直しを求めた商店街の陳情に、「茹で蛙」と揶揄する「事情通」(9月16日記事へのコメント)もいらっしゃいましたが、この陳情は委員会で継続審査となっています。閉会中審査になるのでしょうが、ぜひ陳情者の声をしっかりお聞きいただくために、「陳情者陳述」を認めて下さい。陳情の趣旨を執行部に説明させるなどという「愚行」はそろそろ止めにしましょう。
 ところで、10月5日に提出した「小田原市職員措置請求」は、10月26日(金)午前10時から「証拠の提出及び陳述の聴取」をしていただけることになりました。昭和59年の国鉄貨物駅跡地の取得から始まった、23年にも及ぶこの事案の平成19年的解決の可否を問うことになります。「立会い」を認めていただきましたので、週日の午前中ですが、お時間がありましたらぜひお運びください。

|

« 住まいのこと | トップページ | 住民監査請求(駅前再開発)の陳述をしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/16829619

この記事へのトラックバック一覧です: 住民監査請求(駅前再開発)の陳述:

« 住まいのこと | トップページ | 住民監査請求(駅前再開発)の陳述をしました »