« 小田原市の競輪事業(2) | トップページ | 都市型居住・マンション50年 »

2008年1月14日 (月)

7516年おめでとうございます

 本年は、2008年そして平成20年となりました。平成20年は平成天皇の即位を元年として表記しています。2008年はキリスト生誕を元年として定めたものです。世界には、いろいろな年号表記が行われていますが、キリスト暦が主流です。日本ではついこの間まで、皇紀暦(神武天皇の即位)が強制されていました。今年は紀元2668年です。お隣朝鮮半島でもついこの間まで、檀君紀元が存在しました。今年は、紀元4341年。タイ、カンボジアでは仏滅紀元2551年、インドにはヒンドゥー暦------。
 最も古い記年法、オーソドックスの世界で使われていた「天地創造暦」ですと、今年は紀元7516年だそうです。システィナ礼拝堂の天地創造の天井画「光と闇の創造」、これが天地の始まりなんでしょうか。これで表記する限り、BC753年などという不便な表記は古代史の世界では発生しないですね。(画像は小学館世界美術大全集から)
 天皇の国土平定とかキリストの誕生、釈尊の寂滅などという人間世界の完了後に紀元をおくと、それ以前の記年に些か不便があります。元号表記はスパンが短くて、小さな数字で表されますが、ぶつぶつ切れで歴史がつながりません。昭和のことなども「忘却」処理には便利ですが、今年30年のローンを組むと、平成50年までの、返済期限になります。平成天皇には104歳までの長寿を願うわけです。昭和59年に他界した私の父親は明治24年生まれ、昭和20年に戦死した長兄は大正9年生まれ、何歳で死んだのか、今生きていれば何歳かなど厄介な計算を要します。昭和54年6月6日、元号法成立、同月12日公布・即日施行。何年前のことでしょうか、お役所のお仕事はすべて元号表記です。厄介だから昭和のことも大正のことも忘れましょうというわけではないですよね。
 私のMacには元号と西暦を換算してくれる便利な「ウィジェット」がついていますが、暗算法が「ウィキペディア」に載っています。1867年 = 「明治 0年」、1911年 = 「大正 0年」、1925年 = 「昭和 0年」、1988年 = 「平成 0年」と覚えるのだそうです。日常的にこの作業をして、加減算に上達することになるのでしょうか。

|

« 小田原市の競輪事業(2) | トップページ | 都市型居住・マンション50年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/17690044

この記事へのトラックバック一覧です: 7516年おめでとうございます:

« 小田原市の競輪事業(2) | トップページ | 都市型居住・マンション50年 »