« 不出馬表明? | トップページ | ながい旅 »

2008年3月 1日 (土)

住民訴訟第1回口頭弁論

 去る2月27日(水)、昨年末に提訴した「平成19年(行ウ)第106号 土地賃貸借契約締結差止等請求住民訴訟事件(横浜地裁第1民事部)」の、第1回口頭弁論が開かれました。原告は小田原市民7人、被告は小田原市長。原告側からは8人の市民、被告側から1人の市職員、関係人から1人、都合10人の傍聴でした。裁判長は北沢章功さん、原告代理人は弁護士大川隆司さん、被告代理人は弁護士三宮政俊さん。原告から証拠17点と「準備書面」、被告から証拠11点と「答弁書」が提出されました。裁判長による証拠確認の後、原告大川弁護士による口頭弁論がありました。
1.行政財産を使用して商業衰退を加速させることは住民福祉に反して自治法2条14項違反。
2.コンペ要件を大幅変更し事業目的に反した不公正な貸し付けは土地賃貸借契約違反
3.議会の承認なく著しく低廉な賃料での土地貸し付けは自治法237条2項違反
以上の趣旨で諄々ととき聞かしました。
 被告側は、長文の答弁書提出のみで、次回法廷での口頭弁論となりましたが、答弁書に述べられていることは、言い訳ばかりで「裁量権の範囲内で違法とは言えない」という弱々しいもの。
 第2回公判は、被告側の希望で、連休明けの5月7日(水)となりました。事業の進展と裁判の展開にご注目ください。T.T.氏による法廷のスケッチ 2月29日の神静民報の記事

|

« 不出馬表明? | トップページ | ながい旅 »

コメント

公判ってのは刑事裁判のことですよね?
住民訴訟で公判って何?

投稿: 裁判 | 2008年3月11日 (火) 21時40分

裁判さま
ご指摘ありがとうございました。お手数お掛けしました。無知とは言えお恥ずかしい限りです。いまさらですが、Wikipediaで学習しました。「公判(こうはん)とは、刑事訴訟において、裁判所、検察官、被告人(弁護人)が訴訟行為を行うために法廷で行われる手続をいう。」見出しを訂正させていただきます。
このような無知な間違いをおかさないよう努めますが、お気づきの際は、ご指摘いただければ幸いです。

投稿: 松本 茂 | 2008年3月12日 (水) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/40322034

この記事へのトラックバック一覧です: 住民訴訟第1回口頭弁論:

« 不出馬表明? | トップページ | ながい旅 »