« 「世界サミット」市長23日勇退? | トップページ | ヒルトン小田原誕生秘話 »

2008年5月19日 (月)

市民の選択

 昨日、2008年5月18日、午後8時に投票終了した市長選挙について、その30分後にはTVKは、出口調査の結果として加藤憲一候補が全投票数の過半数を得る模様と報じました。午後11時に発表された確定開票では、有効投票の50.7%の票を獲得したと発表されました。豊島、山田両氏も善戦されています。
 これからの小田原市政に、ひとつのアドレスを市民が選択したのです。加藤候補が最も強調していた「市民の自治力、主体的な参画」を市民自らが選択されたのです。この選択が、過半数を超えたことは、とても大きな意味を持っております。選挙は終りました。ノーサイド。
 これから、市民、議員、市長と職員、これらすべてが「小田原の市民」として、最良の施策選択とその実施に向かって行くものと確信します。「すてきな小田原」「新しい小田原」のために、力を合わせましょう。

|

« 「世界サミット」市長23日勇退? | トップページ | ヒルトン小田原誕生秘話 »

コメント

唐突に失礼いたします。
あるブログのコメントで、本を紹介されていましたのを拝見しました。
大変不躾ですが、私からも紹介させてください。

 「大東亜戦争の正体」 清水馨八郎 祥伝社
 「大東亜戦争の真実 東条英機宣誓供述書」ワック株式会社

もうひとつ、   http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.htm
 
もう既にお読みになっているかもしれません。
その節はご容赦ください。

投稿: 鈴木隆男 | 2008年5月20日 (火) 23時33分

http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.html

投稿: 保守 | 2008年5月24日 (土) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/41252272

この記事へのトラックバック一覧です: 市民の選択:

« 「世界サミット」市長23日勇退? | トップページ | ヒルトン小田原誕生秘話 »