« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

三の丸地区をどうするのか

 小田原市議会2008年度6月定例会は、6月27日に終わりました。6月10日の開会初日には210人の傍聴者が早朝から詰めかけ、それ以後も連日100人を超す方たちが本会議の最初から最後まで傍聴席を離れず、委員会傍聴席も埋め尽くしたようです。これらの市民の吹き上げるような強い関心に、議会はきちんと応えることができたのでしょうか。傍聴者の評価はいかがだったのでしょうか。議会自身がこの機会に市民評価を積極的に受けていただきたい、この機会を逃すべきではない、議会が市民の心をつかむべきではないか、そんな思いを強くしました。「市民に開かれた議会」に向かっての歩みを始めていただきたいものです。
 この定例会での19人の議員の一般質問は、今後さまざまに話題になってくることと思いますが、ひとつだけ、腑に落ちない論点があったので、手短かに言及させていただきます。
 関野隆司議員の「『(仮称)城下町ホールをお城通り地区再開発事業の予定地に建設する』ということはまだ市民論議がされていない。市民の声を聞くべきではないのか」という問題指摘です。「新しい小田原」の議会として大いに聞いていただきたいと私も強く思います。
 しかし、このことに強く関連する陳情、要望は、2006年の2月と8月に、議会に対して再度に渉って提示してきました。しかし、このことについて、議会内で十分な論議がなされ、事業計画の妥当性が検証されたのでしょうか。(2006年2月20日の要望書2006年8月30日の陳情書)これからでも、ぜひ議会が主体的に市民に問いかけ問題を明らかにして行っていただきたいと切望します。議会の役割を高めて下さい。
 ここでは、とりあえずの検証材料を提示させていただきます。
 1.「このホール計画は、1992年3月の調査報告書以来、立地は三の丸地区が提案され、ほぼ市民合意になっている。」ということについて----三の丸地区は、小田原市のこれからのまちづくりにとって、最大に重要な景観地です。したがって、92年の報告書では、オープンスペースをしっかり取れる3ヘクタールに及ぶ敷地を提示しています。2005年6月の「(仮称)城下町ホール基本構想」が提示した現計画の敷地は、5900平米(変形敷地で実質4800平米)しかありません。ここに9000平米を超えるホールをつくるのは、山本氏でなくとも、公共が提供するホール計画など出来る訳がありません。用地整備が出来ないまま、無理矢理に事業地を決定してしまった無謀さがこのホール設計の悲劇となったのです。現在の敷地に「城下町ホール」は設置出来ないのです。このことは、指摘され続けて来ております。
 2.あらためて現計画地に3ヘクタールのの用意整備すべきなのでしょうか。小田原市の財政状況では、かなり困難ではないでしょうか。市民トラストのようなフレームに市民合意が出来ない限り、かなり長期の計画になるでしょう。
 3.2003年3月の「建設市民委員会」の報告は、立地等については言及せず、「長岡リリックホール」「長久手町文化の家」「可児市文化創造センター」などの先進事例を挙げて、「市民委員会」の成立に向けて務めるべきと言う報告です。
 4.「お城通り地区再開発事業の予定地に建設する」ということについて----ここは、民間所有地を含めても1ヘクタールほどで、決して十分な敷地規模とはいえません。しかし、永年に渉って「再開発事業」が推進されており、区画整理なども新たな手法で試みられています。関係権利者の開発期待も緊急のものとなっています。広域交流拠点として「ホール」は最適のものです。
 5.ホール立地としては、交通至便が最大の要件です。各所の鉄道路線、バス路線、タクシー集積など、駅前はこれ以上ない良好な条件です。商業公演などにはまたとない立地です。ホール事業の成功は、立地の利便性には欠かすことの出来ないものです。
 6.「鉄道や道路の騒音・振動で不適切ではないか」について----どのような立地であれ、都市部市街地に設置するのであれば、避けられない問題です。市街地ホールは公共交通の利便性を求めて、鉄道至近のものはどの都市にもあります。札幌で計画されている「芸術劇場」は、4路線の鉄道に囲まれています。技術的な問題はもちろん、特別に過大な費用が加算されることもありません。
 7.「お城の観望を妨げる」ということについて----フライタワーを、鉄道路線側に寄せることで、十分な観望を確保できます。商業地ですので、ホール以外の用途にも十分な床面積をとることができ、関係権利者の利益を守ることも出来ます。
 8.開発手法の選択については、現在の「優良建築物等整備事業制度」「地域振興施設等整備事業制度」の有機的で機動的な活用は、施策実現性の高いものと考えます。もちろんこの手法だけではないでしょう。議会でも大いに論議して下さい。
 9.いずれにしても、出来るだけ速やかにこの二つの事業を「正道」に戻し、市民参画のもとに実現させることが求められています。
 10.これらの事業成功の暁にこそ、新しい小田原の出発ともなる「三の丸地区」の整備が進められるのです。短期的、短絡的な利活用はさけ、しっかりした計画を進めたいものです。
 慌ただしく記述しましたが、この記事にはぜひ多くの方がご意見をお寄せくださることをお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

高齢者の医療

 もう3年ほどになりますが、補助杖をついて歩いています。箱根病院(元廃兵院)に薬剤治療で2週間ほど入院したりして、永年お世話になっておりましたが、遂に(やっと?)外科手術を決心し、県西地域医療センターといえる大病院の診察を受けることになりました。2年ほど前に出来たそうですが、素晴らしい施設です。レセプションから最後の会計まで、とても良くオーガナイズされていますし、職員、看護師、検査技師、医師、みなさんがたいへんホスピタリティーがあり気持ちよく診察が進みます。良い管理、良い経営がなされているのでしょう。患者の心理状況を悪化させない配慮はありがたい限りです。それに、カフェやレストラン、美容室などの「専門店街」まであります。
 外科手術の日取りも決まりましたが、診察の都度、さまざまな検査があります.最新鋭の(と思われる)検査機器と手法でじっくりと検査していただきます。MRIの検査など、そのままリアルタイムで診察室のパソコンに通信され、医師の手元で、そのデータをいくとおりにも変換拡大して詳細に目視することができます。市立病院に懲りて以来、あまり総合大病院に通ったことのない当方は、ちょっと感動しました。昨日は、胴体部のギブスまで、実に手際よく10分ほどで取っていただき感心しました。
 まだこれからも、検査が続くようですが、今月の2日間の自己負担費用から3.3倍で逆算しますと、かなりの検査費用がかかっています。たしかに、きわどい外科手術の前ですから、念には念を入れてリスク回避をなさるのでしょうが、後1年半ほどで「後期高齢者医療制度」の対象者に分類される身にとっては、医療費の膨張を促進したようで、申し訳ない気持ちです。今後の医療費、自己負担も気になりますが、保険者(いまは共催事業団、この先は県の広域連合か?)の負担増にもいささか気が引けます。現役世代にかけた負担を、お返しするように気張らねばなどとも思いながらの昨日の帰宅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

小田原市長の執務室

 今日は、朝9時に小田原市議会議長大野眞一氏、副議長武松忠氏に「要望書」を提出しました。第三者専門家からの参考人意見聴取を求める要望書です。議長室ではたいへん丁寧に応対していただけました。その後、建設経済常任委員会の傍聴をさせていただき、午後1時20分に小田原市長にも同趣旨の要望書を提出しました。(この委員会はひどかった。出向の部長は、あんな態度が取れるんですね.驚きました.議会侮辱罪です)
 「市長室」には、今回初めて入らせていただきました。この4年間、幾度となく、20回くらいでしょうか、前市長をお訪ねしていますが、前市長には「市長室」にはお招きいただけませんでした。新市長は、前市長とは世代も違い、ライフスタイルも、生活信条も違います。加藤新市長とこの「市長室」はまったく相反します。彼自身、執務室が自らのスタイルに合わないと感じているとは思いますが、だからと言って「インテリア改装」などとは毛頭言い出せないと考えているのでしょう。
 執務室は、考える部屋、決断する部屋、行動を開始する部屋です。今日拝見した部屋は、20万市民の首長が、アクティブに執務する部屋とは到底思えません。なにか、ゆっくり休んでいて下さいと言う部屋のように見えました。大きな責任を背負った事業経営者は、自らの執務空間を自らに合わせます。これはとても大切なことです。小田原市長の執務室は、緊張感のあるアクティブな室内、行動する室内にして欲しい。心からそう願いました。
 今日は一日、重い、疲れる一日でした。抜けるような青空、待ち遠しい限りです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

地域担当制

 市長選は終りました。加藤市長の「所信表明」をテレビモニターでお聞きしました。たいへん良く整理された、分かりやすいスピーチでした。彼が4年間の準備で顕在化させた市政イメージを、マニフェストの形に仕上げたものの確認でした。210人の市民傍聴者と在庁職員の方々が、しっかりと聞いていただけたものと思います。緊急課題など待ったなしの施策転換作業が待ち構えていますが、市政の基礎的な政策の新しい展開も速やかに推進しなければなりません。
 課題は目白押しになっていると思いますが、その中でも特に「職員の地域担当制」の検討には,強い関心を持っております。市民参画、地域自治と言う「新しい小田原」の核をなすものと考えます。
 近くでは、習志野市の先行事例がありますが、中核市規模でも多くの市で,形は様々のようですが,制度としてスタートし始めたようです。過日、所用があり八王子市を訪ねた際に「市の各種相談窓口」という案内書をいただいてきました。八王子市の黒須市長はなかなか意欲的な方で、良い取り組みをなさっています。この相談窓口もさまざまな記載があり,多様な対応が出来るようにも見えますが,市民がかかえている課題解決に提供する情報としては、可成り不足があるように思えます。
 住民が抱えている課題は、すべて行政が解決できることでもなく,いかに専門性のある職員が対応しても,住民満足が得られる訳でもないでしょう。我が加藤市長のマニフェストには「地域の課題は地域で解決する」「市民に出来ることは市民でやる」と謳ってあります。「職員の地域担当制」は、「市民でやる」という地域風土を育てて行くことだと思います。職員が地域に張り付いて住民サービスをすると言う制度になってはならないと思います。「住民は文句ばかり言う厄介者」「職員は机の前に座り込んで住民の話を聞かない」こんな関係は早く卒業したいですね。この制度状況のアンケートに「市民 による自主的なまちづくりを側面的に支援してきたが、団体の活動が自立し、自主的に活動でき るようになったため、目的を達成し、役目を終了した」(八王子市のレポートから)と回答した市もあるようです。我が小田原も、早くこんな状況に達したいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

地域情報の伝達

 国際情勢も国政の様子も,そして身近な地域情報も、正確に素早く把握したい、どなたもそうお感じのことと思います。この4年間、地域のことに戸惑いながらも関与してきました。常に自らの情報不足、不勉強を恥じながらの毎日でした。厳しい叱正もいただきました。そんな中で、地域の情報が,まちづくりの様子が、生活レベルで地域住民にリアルタイムで伝達されていくそんなメディアの成立を切望しております。フリーペーパー各紙も、やや速報性には欠けますが、大切な役割を担っています。小田原、足柄、神奈川を域圏とした優れた有料紙もあります。
 日本の特性のひとつとして,全国紙購読シェアの高さがあり,この小田原地域でもやはり全国有料紙からの情報取得が主要なものになっています。ここ2ヶ月、「地域事件」の都度、全国有力紙を読み比べることがたびたびありました。ロマンスカー通勤の1時間少々の間に3、4紙に目を通しておりました。全国紙は、「湘南」「相模」などくくりが広域のせいか、あまり詳報はありませんが、鋭い記事,興味深い視点なども見受けられます。
 一昨日6月10日の小田原市議会定例会開会の報道は、可成り興味深いものでした。ここに6月11日の各紙の報道を添付させていただきます。神静民報 神奈川新聞 読売新聞/朝日新聞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

210人の議会傍聴

 今日の市議会は、事件だったと思います。この事件を、議会、議員はあまり認知されていないように思えてなりません。正常の生計を営んでいる市民が、火曜日の朝から,自らの勤労時間、生活時間を割いて「傍聴」に出かける,これは可成りの負担であることをしっかり認識していただきたいと思います。夕刻にも市民の勉強会がありましたが、議会に対する不信を沈めることは出来ませんでした。本会議の傍聴を初めてなさった方が多かったようで、議事の進行などには大きな違和感、あるいは驚愕を持たれたようです。地方議会とはこんなもんだと言う諦観を抱かず、これ以上時代に置き去りにされないためにも議会改革は喫緊の課題だと再認識しました。自治体議会改革フォーラム栗山町議会の取組み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラスター爆弾

 今日、2008年6月10日の小田原市議会6月定例会が開会しました。この日、小田原市議会の本会議傍聴の市民が、傍聴フロアの庁舎4階に溢れました。傍聴席はもちろん満員、用意されたモニター聴取室も満員、2階市民ロビーにまで溢れました。加藤新市長の「所信表明」があったのです。私もモニター室の一隅で彼のアドレスをお聞きしましたが、室内に居られた60人ほどの方は、まさに固唾をのんで耳をそばだてると言った光景でした。その真剣な有様には、これまでの議会傍聴では経験しない緊張感を抱きました。これから切り拓いて行かねばならない困難な道を思い浮かばせたからではないでしょうか。
 つい数日前、アメリカ大統領民主党候補予備選挙で、バラク・オバマ氏46歳が、大統領候補に決定したようです。世情言われているように、ブッシュのアメリカは、グァンタナモやアグレイブなどから、いまや自らが「ならず者国家」と言われるまでに,国際的評価を落としています。親米国のわが国でさえ,遂にクラスター爆弾の即時全面禁止条約への同意に踏み切ったのですから。ブッシュを継承するジョン・マケイン候補71歳は、厳しい状況です。なんといっても、アフガンとイラクと言う負の遺産が、二人の候補の間にずっしりのしかかっています。
 先月末発売の『世界を不幸にするアメリカの戦争経済』というアメリカの経済学者(2001年ノーベル経済学賞受賞)の解説書は,たいへん興味深いものです。アフガンとイラクの財政コストを3兆4960億ドルと算定しています。385兆円ほどでしょうか。戦争のコストを金額査定するのはややはばかれますが,我が日本の直接コストは、一人の戦死者も出しておりませんので、3070億ドル、34兆円ほどと算定しています。こんな数字,高いのか安いのかうかつに言えませんが、いやな数字です。この「テロとの闘い」にどう決着つけるのか、この置き土産をどう転換できるのか、マケインの増派論からエドワーズの即時撤退論まで、選挙民にとっては何とも悩ましいところでしょう。
 大げさな連想ですが、オバマ候補が明快な「外交・安全保障」政策を打ち出して勝利し、政策転換に「命をかける」姿を思い浮かべました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 1日 (日)

西湘バイパス復旧工事説明会

 5月28日、二宮町公民館で行われた国土交通省横浜国道事務所主催の「西湘バイパスにおける道路部分の本復旧工事の説明会」なるものに参加してきました。町民のみなさん中心に100人ほど参加されていました。説明者側は、横浜国道事務所、神奈川県、中日本高速道路、二宮町の職員など50人ほど。
 もう半年にもなりますが、昨年9月7日の台風9号によって、二宮町の浜辺につくられた西湘バイパスが無惨に崩壊した復旧工事についての住民説明会です。この被災については私の昨年9月9日のブログで状況を報告しています。被災現場空中写真
 主催者側の目的は、「交通確保のため4車線開通を急ぎ、とりあえず矢板による擁壁で路盤をつくったが、仮設消波のコンクリートブロックを積み上げないと、再度台風がきたら、又崩落する。海岸のなぎさは神奈川県の管理なので、3メートルの高さまでの積み上げを了解してもらった。このブロック積みの工事を了承してもらう」ということのようでした。
 少し腑に落ちないのは、この説明会は「工事説明会」とされていますが、横浜国道事務所の説明員は計画の説明に終始されていました。つまり、この計画は二宮町民などの関係者に周知されていないようです。大勢の職員が見えていましたが、計画説明の資料も信じ難いほどの簡単なもので、いささか驚きました。
 町民の一番の懸念は、二宮町海岸の喪失した砂浜の回復にあります。主催者側の焦り気味の説明は、ただ「仮設消波のコンクリートブロック積み上げ工事を実施します。これが出来ないと、みなさんの大切なバイパス道路が無くなります」ということ。
 被災部分は緊急に復旧工事をやって、4車線開通にこぎつけた。今のままでは危険。何とか早くブロック積みをと言われるばかりで、説明会の体をなしていませんでした。海岸管理者は神奈川県で、県では「西湘海岸保全対策検討委員会」の第1回会議を2月27日に開催し、この6月3日に第2回委員会が開かれることになっています。県や町の意向をきちんと把握してから、「復旧計画説明会」そして施工計画や工程表を示した「工事説明会」に進むべきではないでしょうか。
 説明会終了に当たり、「ご説明させていただきましたので、工事に入らせていただきます.よろしく願います」と言われました。この説明会は何だったのだろうかとびっくりしました。
 台風であっけなく崩落したこの海岸線道路は、貴重ななぎさを占拠して設けられました。経済成長、交通量増加、道路開発という「高度成長路線」の姿を象徴するような、自然破壊の道路です。これからの気候変動によって、予想外の被災が発生することは十分に考えられます。この海岸道路については、根本的な論議が必要ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »