« 美しいまち | トップページ | 山本理顯氏のまち壊し »

2008年8月26日 (火)

小田原市情報公開審査会の「答申書」

 古い話、忘れてしまった2007年5月29日の記事「一部公開?」と2007年7月21日「小田原市情報公開審査会」の後日諶です。(請求の趣旨は、城下町ホールの山本理顕設計は、HPシェルの構造壁という特異な構法を採用しているが、コストバランスの適切性を検証したい。そのために工事種別毎の内訳金額を公開せよ、ということでしたが、「公正な競争入札の妨げ」という理由で公開できないとした決定への異議申立て)本日2008年8月26日に、標題の審査会会長鳥海壮六さんから9ページに及ぶ市長宛答申書の「写し」が送られてきました。
 2007年5月2日に行った公開請求に対する決定(5/18)についての異議申立て(5/28)を審査し、市長に答申(2008/8/22)した文書が、親切にも異議申立人に写しが送られて来たという訳です。ここに全文を公開したいと思う立派な答申書です。(データを送付いただきましたので、公開させていただきました)殺到する異議申立ての中、毎月のように11回もの審査会をお開きいただき、本当に一生懸命お書きいただいた答申書で、感動しました。ただ最後に「本件情報を公開することは、公正な競争入札の妨げになり、条例8条第4号イに該当すると考えられる。よって、本件情報の非公開は妥当であると判断する。」となっているのは残念ですが。
 それになにより、今日では「山本理顕設計」は消えてしまっています。おかげさまで、コストバランスの検証をする手間ひまは省けましたが、これから再公開請求をしたら公開していただけるのでしょうか。それとも「まだ競争入札実施の予定であるから公開できない」となるのでしょうか。
 情報公開審査会は多忙を極めております。小田原市行政の長年に渉る非公開体質が、異議申立てを殺到させたのでしょうか。「住民に情報が漏れるとやかましいことになる」という住民不信はぜひ払拭して、最大限で積極的な情報公開を念願します。

|

« 美しいまち | トップページ | 山本理顯氏のまち壊し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/42284734

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市情報公開審査会の「答申書」:

« 美しいまち | トップページ | 山本理顯氏のまち壊し »