« 「行き詰まった証券化ビジネス」 | トップページ | 城址公園の立ち入り禁止 »

2008年9月27日 (土)

「日仏交流150年」とパリの「まち」

 在日フランス大使館のリリースに「2008年は、日本とフランスの外交関係が樹立されて150周年を迎える記念の年です。1858年10月9日、フランスから日本に初めて使節として派遣されたジャン・バティスト・ルイ・グロ男爵によって、日本と最初の修好通商条約が江戸で調印されました。----」とあるように、今年に入っていろんなイベントが企画されています。
Parismap_2
 今月には、昨日の新聞で報じられたように、照明デザイナー石井幹子さん親子のプロデュースで、パリ市中心部の25の橋をライトアップしたり、岸壁に浮世絵などの映像を投射したり、岸辺の並木を紅葉色に染め上げたりという「光による日本のメッセージ」をお届けしようという企画です。25日の木曜日から今日土曜日27日まで、3日間、笹川日仏財団の助成の他、松下電器などの大手企業の協賛によって行われています。
 間の悪いことに、この13日、投影する船舶のスタート地点としていたトゥールネル河岸のラルシュベル橋で、遊覧船の衝突で2人の死者を出す惨事があり、急遽市庁舎前の河岸に変更されるなどしていますので、地上交通の安全優先などでかなりの制約が加えられたようです。
 それにしても、首都パリを象徴するセーヌ川で、このような大胆な「イベント」、3日間も21:15から24:15まで、8Kmほどの広い水面オーステルリッツ橋からグルネル橋までを占用させるというこの「まち」の懐の広さはたいしたものですね。
 都市の管理、経営、開発というのは、さまざまな知恵を求められるものですが、自らの持てる施設を最大に、有効に利用し,常に新しい情報を発信し続けるということが大切なんでしょうね。パリが、東京が発する情報や新たなイメージが流され続けます。我が小田原も、新しい小田原の情報、清新なスタイルを、持てる資源を総動員して構築すべきではないでしょうか。横浜市は来年「開港150年」とか。小田原は再来年「廃城140年」?

|

« 「行き詰まった証券化ビジネス」 | トップページ | 城址公園の立ち入り禁止 »

コメント

箱根登山鉄道と鈴廣蒲鉾本店は、箱根登山線風祭駅改良工事により新設された南口改札口の完成を記念して10月1日、風祭駅南口広場でセレモニーを実施する。「中段部分省略」セレモニーでは、加藤憲一小田原市長によるあいさつやテープカット、かまぼこ・ちくわのキャラクターによる演出が予定されている。「以下省略」(小田原箱根経済新聞)
松本さん、こういうのって清新なスタイルなのですか。

投稿: 三浦雅彦 | 2008年9月30日 (火) 04時11分

三浦さん ニュースのお知らせありがとうございます。「清新なスタイル]ではないかもしれません。でも、伝統的な資源である「かまぼこ・ちくわ」を来訪客にお知らせする「努力」は大切でしょう。いろいろな「努力」が積層されてスタイルになって行くのではないでしょうか。
 「市長のテープカット」は、行政庁の判断でしょうが、セレモニーに時間を取られることは避けるべきと思います。市議会議長などの行動の場を増やすことも良いのではないでしょうか。
 「箱根登山鉄道と鈴廣蒲鉾本店」という私企業との関係については、三浦さんのお考えを、市長にお伝えください。

投稿: 松本 茂 | 2008年9月30日 (火) 07時03分

皮肉と当てこすりの名手であると私には思われる松本さんが、「パリの『まち』の懐の広さはたいしたものですね」などとお書きになると、小田原のまちは懐が狭いと言われているような気がしてなりません。松本さんは、「我が小田原」、「誇り高き小田原」などと、常々言われているのですが、実のところ、そんなことは毛頭思ってなくて、小田原のまちの懐は狭い、小田原の市民は未成熟、無知蒙昧だと思っていらっしゃるのではないでしょうか。そんな感じがお書きになる文章の端々から窺えるような気がします。
「都市の管理、経営、開発というのは、さまざまな知恵を求められる」、「自らの持てる施設を最大に、有効に利用し,常に新しい情報を発信し続けるということが大切」。一般論としては、そのとおりで反論のしようもありません。ご立派な発言であると考えます。
だが、お城通りホール建設計画、三の丸再開発計画の流産で、そうした知恵がないことを露呈され、市長公約撤回のマイナスイメージを県内外に発信されたご本人が臆面もなく、こうしたことをおっしゃるのは、なんとも市民を愚弄したブラックジョークのような気がします。
「小田原は再来年『廃城140年』」。どういうおつもりで発言されたのかよく分かりませんが、再来年は間違いなく「加藤市長公約撤回3周年」です。お祝いをしましょう。

投稿: 三浦雅彦 | 2008年10月 2日 (木) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/42610954

この記事へのトラックバック一覧です: 「日仏交流150年」とパリの「まち」:

« 「行き詰まった証券化ビジネス」 | トップページ | 城址公園の立ち入り禁止 »