« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月25日 (土)

ロスアンゼルスへ

Election 1982年のカリフォルニア州知事選で、永年ロサンゼルス市長を務めた黒人候補トム・ブラッドレーさんは、市政では白人からも支持を得ており、カリフォルニア州知事になれる最も有力な候補だと目され、世論調査でも大きくリードしていました。ところが、彼は白人候補に敗れてあっさり落選してしまったのです。白人有権者は黒人問題が絡む世論調査では本音を言わないとされ、この現象は「ブラッドレー効果」と呼ばれるそうです。もちろん今回のアメリカ合衆国大統領選挙、白人候補と黒人候補対決を迎えての話題です。
 ところで、ロスアンゼルス空港は、ご多分に漏れず「周辺環境、老朽化、狭隘、非効率」などを理由に移転が計画されていましたが、まず、国際線ターミナルで2007年1月から大規模な(総工事費7億2,350万ドル)リノベーション工事を開始しました。ちなみに、このターミナルは「トム・ブラッドレー国際線ターミナル(TBIT)」と呼ばれています。TBITは年間1000万人が利用するそうですが、このプロジェクトでは、チェックイン時の混雑を減らすこと、預けた手荷物のインライン型セキュリティシステムの設置、バリアフリーのアクセス、新しいエレベーター、エスカレーター、空調換気システム、新しいフライトインフォメーション掲示板などの改装が対象となっています。既に、入国手続のカウンターは巨大な空間の中で、おびただしい旅行者を捌いていますし、確かにユニバーサルデザインの思想が形になってきています。もちろんまだまだたくさんの問題を抱えていますが、現施設のリノベーションに踏み切った決断は成功のようです。
 大統領選挙の応援ではありませんが、明日から1週間友人宅に滞在します。例年、7月後半の行事でしたが、今年は7月がまるまる病室暮らしでしたのでこの時期になってしまいました。選挙直前の様子やら新しいショッピングモールやらのご報告をいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原駅・小田原城周辺の懸案事業に係る検討記録文書

Disclose2 標題の文書を公開請求により公開配架していただきました。加藤新市長が小田原市議会6月定例会、6月10日の開議冒頭、新市長として「所信表明」をし、6月17日に「中心市街地まちづくり検討プロジェクト」による作業開始を指示した検討記録は加藤市長自身の記述になる『検討メモ』から始まります。検討の対象は「ホール計画」「再開発事業」「地下街再生」「現ホール予定地の利活用」の4件で、明確な論理構成のもとに指針を示した6頁のメモです。
 この検討がどのように進められたのか。ほぼ1ヶ月後に開会された第1回会議(7/14)から第3回アドバイザー会議まで、業務委託した都市環境研究所の「調査過程」を含めて、閲覧することができます。
 この「検討」に基づいて8月29日の「転換」表明に至ったのです。私は、この転換の論理がどうしても理解できません。そのため、都市環境研究所から10月10日に出された「お城通り地区事業用地活用方策調査報告書」の公開と「検討記録文書」の公開を求め、閲覧、一部複写させていただきました。ともにたいへん未整理な文書ですが、加藤市長の指針を転換させる必要性はまったく見いだせません。転換の市民説明会に、2回とも参加させていただきましたが、ますます疑念が深まります。転換2ヶ月後の今、あらためて加藤市長の『検討メモ』を熟読し、1ヶ月ほどの「検討作業」3ヶ月もかかった「調査作業」を精読しても、この検討の結論が、今の「機能配置基本計画」に変身する合理性はないように思えます。
 「小田原駅・小田原城周辺の懸案事業に係る検討記録文書」と「お城通り地区事業用地活用方策調査報告書」は、市役所4階の行政情報センターの書棚に配架されています。面倒で鬱陶しい「閲覧」ですが、加藤市長メモ6頁を読み始めたら、それ以後にも関心が移ってくると思います。行政情報センターは市民の図書館です。ぜひ足を運んで下さい。
[文書の概要を紹介します]
6月17日付「検討メモ(加藤新市長指示文書・9月議会までにとされている)」
(これ以後23日間の「検討記録文書」の公開なし)
7月10日付「プロジェクトチーム構成案」
7月14日付「第1回会議(配布資料等・議事記録なし)」
7月17日付「第2回会議(配布資料等・議事概要)」
7月18日付「ホール用地活用ワーキング(会議次第のみ)」
7月24日付「お城通り用地活用方策調査打合せ(配布資料等・議事録・都市環参加・アドバイザー野口、山本)」
日付なし 「地下街第2回ワーキング報告メモ(資料添付)」
7月28日付「お城通り打合せ議事録・第1回アドバイザー会議(A案修正案検討)」
7月31日付「ホール用地活用ワーキング(次第・資料添付)」
8月4日付「お城通り用地活用県等調査・第2回アドバイザー会議(議事録)」
8月7日付「3案についての概要説明(配布資料等・議事記録なし・市長・副市長出席)」
8月11日付「お城通り用地活用検討調査・第3回アドバイザー会議(議事録)」
(これ以後18日間の「検討記録文書」の公開なし)
8月29日付「小田原駅・小田原城周辺の懸案事業についての議員説明会(次第のみ・記録なし)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

旧岩崎邸庭園の金唐革

Karakawa1 昨日10月21日は、もう忘れ去られてもいますが「国際反戦デー(1966)」でもあるとともに、これも忘れ去られていますが「出陣学徒壮行会(1943)」が神宮外苑で行なわれた日でもあります。懐旧の念にとらわれたという訳でもないのですが、10数年ぶりという旧友に東京本郷の美しい庭園で会いました。この旧友が、旧岩崎邸の洋館を使って彼のコレクションの展示をしているのです。そのコレクションは、日本では「金唐革」と呼ばれているものです。革の壁紙です。
Karakawa2 展示会は[金唐紙のルーツを探る『幻の金唐革展』]と名付けられた珍しい企画です。10月26日と11月2日の日曜日に午後1時からコレクターである旧友が話をする会があります。珍しいコレクションですから、よほど奇特な方の興味を引くものでしょうが、かなり大勢の来訪者でにぎわっておりました。
 この「旧岩崎邸庭園」には、ご承知かとも思いますが、三菱社の3代目岩崎久彌氏がジョサイア・コンドルの設計で建てた洋館があります。戦後国有財産になっていて、長らく公開されず幻の名建築であったのですが、6,7年前に東京都の所有になったのでしょうか、美しく整備して公開されるようになりました。コンドルはなかなかの多作家で、1877年の来日以来100物件ちかく手がけています。ただ、三菱1号館を初めとして彼の傑作、特に公共的な建築物は、震災や戦災で喪失したり、戦後の高度成長期に取り壊し「再開発」で消え去っております。唯一生き残っているのが駿河台のニコライ堂(1891)です。この岩崎久彌邸の他にも西ヶ原の古川虎之介邸(1917)が東京都の手で公開されています。この二つは極めて杞憂な建築遺産です。
 岩崎邸の用地は、元々高田藩榊原家の屋敷跡で、美しく広大な日本庭園を引き継いでもいたようで、和風ではありますが、広々としたシンプルな芝庭が中心です。和館の部分はかなり喪失していますが、大広間は現存していて、茶菓のサービスなどをしてくれます。展示会の会期は12月7日(日)までです。是非一度訪問してみて下さい。近代の歴史資産の大切さを、じっくり感じさせてくれる環境の中で過ごしてみて下さい。(このところ、鬱陶しい日が続いていますが、この日は極めて個人的な反戦デーでした。なお画像はここに登場する旧友の娘さんのサイトからお借りしたものです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

機能配置の基本方針

Odawarajou_2 今日も「まちづくり勉強会」を持ちました。小田原市の「緊急課題」を学ぶためです。今日の成果は極めて臨床的な問題を理解できたことでした。横浜市による戸塚駅西口の「駅前再開発」がなぜ進行しているのか、小田原市の「駅前再開発」がなぜ成立しないのか。腑に落ちた思いの勉強でした。戸塚駅西口は、国道整備とバス交通の整備という絶対必要な緊急条件が前提になっているようです。小田原駅東口「再開発」用地の市民ホール建設はかなり強い条件だと思えますが------。
 小田原市が示した「機能配置の基本方針」3つの機能配置が示されています。「広報おだわら」での説明、市民説明会での説明、どう考えてもこれが成立するのは単独事業の「市民ホール」だけではないのか。駅前の二つは放置されてしまう。こんな姿がはっきりと見えました。こんなことは「職員検討」では自明のことだったが、機能配置を「旧状」に復さなければならない絶対的な条件があったのでしょうか。市長がいわれたように、市民には得られない情報があるからでしょうか。これまでの説明では、まったく理解できない。10月14日に公開された「報告書」からも読み取れない。自治法とか地財法とか後期基本計画とかの縛りでやむを得ないということがあるのだろうか。ぜひ「腑に落ちる」説明を得たいものです。
 「機能配置の基本方針」という枠組みの中で、検討委員会の仕事が始まるということ、一体どういう結果を求めていられるのでしょうか。先日の説明会で終らせず、検討委員会成立の前に、ぜひ市民が納得できる説明をじっくり聞かせて欲しいものです。職員の「プロジェクトチーム」の方々、ぜひ骨を折って下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

小田原市の市力

Newodawara3 今夕、市民説明会がありました。職員による「市民説明」の内容は「市民愚弄」か、あるいは「行政の愚鈍」のいずれかでした。みなさん静かに聞いていられましたが、さすがに我慢しきれない方が、途中で説明を遮って、発言されました。小田原の市長部局、特に企画政策課は思考停止したままです。このままでは、小田原市は「持続可能」ではなくなります。たいへん悲しいことですが、行政の公正さ、企画能力、実施力を問い直さなければなりません。市長は、検討委員会のスタートを、市民参画の「始動」と考えられているようですが、職員は市民の検討など歯牙にもかけていないようです。市長が言わされたように、市民は、行政情報の万分の一も取得していないのです。気軽に、安易に、「対応柔軟な」コンサルに事務委託する体質を変えなければ、小田原の未来はありません。完全な行政情報の公開、本当の市民参画のために、市民も市長も、本気で汗を流しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

伴侶犬との共生

Petwarning1_2 9月以来こころに止めて来続けた「伴侶犬との共生と地域社会の問題」、今日やっとささやかに船出しました。小さな集会でしたが、26人の方が熱心に考え続けて下さいました。城址公園の「犬立ち入り禁止」と言う荒々しい行政メッセージに対しての市民の対応は、たいへん冷静なものでした。今後、なにがしかの時間を要するとは思いますが、市民力によって問題解決の方向が見えてまいりました。第2報をお届けできるのも遠いことではないと思います。今日ご参集いただいた方々にこころから敬意を表します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

「地震の日本史」

Samyaku_3 八幡山遺構見学の際、発掘断面にはっきりと現れている砂脈にたいへん興味を抱きました。小田原地域はたびたびの地震で大きな被災を繰り返しております。今回の大型発掘で現れたこの砂脈が何を示しているのか、門外漢の当方にはまったく分かりませんが、近々に予定されている埋め戻しの前に、地震考古学研究者などの調査が必要ではないでしょうか。(既に行われているが知らされていないだけなのでしょうか)土質調査で地震の歴史を書かれている寒川旭さんの著書「地震の日本史」では、さまざまな地域での調査で、噴砂、砂脈から地震を読み解かれています。これからも、地震とは長い付き合いになるこの地の住民としてこの砂脈はたいへん気になります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

巨大な障子堀

Excavation_4 昨日、10月11日(土)はとても爽やかな気分の一日になりました。小雨の中「小田原城跡八幡山遺構群から最大級の堀を発見」とした遺跡見学会がありました。県立小田原高校の旧校舎が解体され、グランドに予定されている用地の発掘調査です。小田原城八幡山古郭での神奈川県による調査ですので、かなりしっかりやっていただいているのでしょうが、素晴らしい成果を拝見して、門外漢の当方も痛く感動しました。この遺構が現状保存されるなどと言うのは論外のことなんでしょうか。写真は、八幡山古郭で「西曲輪西堀」と呼ばれる堀の一部です。現在地盤面からでも堀底まで約7mもあるという、これまで見たことのない見事な遺構です。先週10月3日(金)には、古郭東曲輪の公用地化された部分の史跡公園整備の説明会もありました。この用地の前面にあった東堀が東海道熱海線鉄道に使われたのです。今はこの鉄道で分断されていますが、古郭と新城郭(現城址公園)が、何らかの呼応を示すことができればなどと夢想しました。東曲輪史跡公園整備がその第一歩になって欲しいものです。
 古郭東堀の南端に住まわせていただき、先人たちの素晴らしい成果物を身近に感じることができる幸せを実感した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

小田原市の情報開示とは

9903kousou 今日は、実に不愉快な一日になってしまいました。小田原市政府とは一体なんなのだろうかと考え込まされました。
 ご承知のように、8月29日に市長より「見直し」が市議に説明され、9月2日に市民に対し「小田原駅・小田原城周辺まちづくり機能配置検討案一覧表」「同検討プロジェクト報告書(案)概要」が公開されました。概要とは言え、何とも不可解な機能配置なので、9月5日に、所管の企画政策課に「お尋ね」をお出ししました。9項目の疑問への回答と「概算整備費用(市費負担)の算定根拠をお示しください」と言うお願いでした。9月9日に「回答」がありましたが、「算定根拠」については「過去の建設単価、アーバン案における参考費用、他施設の実績等を根拠としている」ということでした。
 そのため、根拠とした数値資料をお示し願いたいとお願いしたところ、算定根拠ではなく「事業費用負担区分検討」という見当違いな回答をお出しになりました。「算定根拠」を出すのには時間がかかる、業務委託先の業者は「10月10日にしてくれ」といっているので、待って欲しいとのこと。算定根拠があって「事業費用」が出たはずですが、その準備に1ヶ月もかかるのはおかしいではないか。職員は「何とか少しでも早くするようにします。待って欲しい」というだけ。
 その後1ヶ月近く待って、10月8日、市議会閉会日に訪問。職員「10月10日にしか出せない」松本「その日は仕事で出かけるので朝方いただきに伺う」職員「朝では未だ出ない」松本「では午後6時半までに伺うので、悪いが何とかならないか」職員「その時間なら在席しています」松本「では連絡して伺う」そして、今夕午後5時30分、小田急車内から電話連絡したところ、職員「出せない。休み明けの14日に行政情報センターに備え付けるので、それをコピーしろ」松本「来週は全日仕事で塞がる。6時20分には伺うが何とかならないか」「ならない」
 市民は、それぞれ多忙な仕事をかかえています。情報開示は、市民利便にも配慮して欲しい。報告書の算定根拠を示すのに、1ヶ月待たせて、遂に期日の約束さえ守らない、これはまったくの反市民行為です。市の施策に関わる職員の膨大な情報量に比べ、一般市民の情報量は、その万分の一にもなりません。この状況で、「市民が主人公」とか「検討委員会」などというコピーは、むなしく思えます。
 秘匿とさえ思える情報開示の消極的、否定的な体質は、早急に絶対に改めるべきです。小田原市が所有する情報は小田原市民のものです。企画政策課の態度は許すことができません。
 加藤憲一市長からの10月7日のレターを添付します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

住民投票と市長選挙

Yotsukaido 昨年末に、四街道市の「地域交流センター」計画が住民投票の結果(25,384対7,962)で、建設を断念させた始終を、11/1512/1012/12のブログに記載しました。昨日、この町で市長選挙がありました。毎日新聞の記事によりますと、「新人のNPO理事、小池正孝氏(74)=無所属=が、現職の高橋操氏(53)=無所属、自民・公明推薦=を破り、初当選した」と報じています。高橋現職市長は、3期目でしたが、僅差で落選しました。小池新市長は、直接請求で住民投票を実現させた市民団体の仲間に推されて立候補したようですが「税金の無駄遣いの排除」「真の市民参加を実現する」などを訴えて、支持を拡大したされています。
 「地域交流センター」は、道路特定財源からの助成金で作られるものですが、その利用目的、機能、必要性が市民に納得されず、大差で否定されています。基礎自治体の財政悪化、教育や福祉への圧迫を肌身に感じる市民にとって、「2期8年の実績」を強調し、四街道駅南口開発や国道51号の整備を公約に掲げた現職候補は支持を得られなかったのでしょう。選挙民意識の大きな変化を感じます。小池正孝新市長による「新しい四街道市」の経営に注目したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

城址公園の立ち入り禁止

Cosmos この週末は、久しぶりの爽やかさで最高の日々でした。歩行に支障が出てから、一度も訪れていなかった「石垣山一夜城」を楽しんできました。5年ぶりでしょうか。本当にここは素晴らしい「城址」です。駐車場も広大に用意されていました。コスモス園もみごとです。こんなにすてきなアライバルセンスのある場所が生まれたこと、嬉しい限りです。(三の丸の埋蔵物調査後の5,900㎡の空地、暫定的であれ、お花畑で観光客を迎えたいとあらためて思いました)
 城址の整備も、ずいぶん良くなっていました。(道路脇の自販機の設置方法には、いささか驚きましたが)城址へのアプローチ階段昇り口の看板は、「愛犬を連れて入場される方へ」のウォーニングです。この日は城址内では犬を見かけませんでしたが、犬公害がこんなにひどいことになっているのでしょうか。園内にも数枚のウォーニング看板がありました。マナーの悪い飼い主さんもいられるのでしょうが、飼育者の一人として肩身の狭い思いを抱いて入園させてもらいました。
 小田原城址公園は、惨憺たるものです。入り口の看板をはじめ、いたるところに看板があり、早朝の時間帯は通行制限さえあります。よほどひどい状態になっているのでしょうか。「ルールが守られない場合は、たいへん残念ですが、城址公園内への犬の立入を禁止することになります。」と予告されています。お茶壺広場には「この芝生内には、犬を入れないで下さい。」として、ロープが張られてしまいました。公園管理者のいらだちが、伝わってきます。
 「市民参画」の町です。「城址公園内への犬の立入を禁止」という悲劇を避けるためにも、飼育者市民の発意と努力で、犬飼育マナー向上を計りたいものです。まず最初に、マナー改善の手がかりになるような飼育者同士の話し合いを持ちましょう。その中から知恵を出し合い、行動を考えて行きましょう。
 ご賛同、ご協力いただける方、あるいはそんな方を知っている方、こんなやり方が良いという考えをお持ちの方、ぜひ、コメントをお寄せいただくか松本茂宛にメールをお送りください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »