« 第1回小田原市地域コミュニティ検討委員会 | トップページ | 第1回小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会 »

2008年11月24日 (月)

チェンバロのバッハ

Cembalo このところ、むなしい時間に埋もれていました。木曜日の「まちづくり勉強会」も、熱いこころの方たちに大勢参集していただいたのですが、地平の開けない、心貧しい寂しいものでした。一体私たちの市政府は何を求めているのだろう、答えを見いだせぬまま、これを現の世界として受け入れるしかないのだと、無理矢理納得させた週末でした。
 勤労感謝振替休日の今日、”アフタヌーン・チェンバロコンサート”でバッハを聴きました。バッハは、いつもこう言うときに出現します。半世紀以上も前の多感なとき、打ちひしがれていたとき聴いたバッハが蘇りました。その時はオルガン曲のフーガでしたが、今でもその時の重い気持ちが鮮やかに浮かびます。そうか、こんな機会を何気なく与えてくれるポテンシャルがこの町にはある。チェンバロを保全している宮小路の音楽愛好家、そのチェンバロでバッハを聴かせようと言う演奏家、その機会に集まった50人以上の方たち、こんな方たちによって過ごされる時間が生まれる。
 少しだけ、高ぶった気持ちで、雨の中帰宅しました。

|

« 第1回小田原市地域コミュニティ検討委員会 | トップページ | 第1回小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/43216428

この記事へのトラックバック一覧です: チェンバロのバッハ:

« 第1回小田原市地域コミュニティ検討委員会 | トップページ | 第1回小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会 »