« 歴史まちづくり法(1) | トップページ | 2009年の正月(身辺雑記) »

2008年12月26日 (金)

まちづくり検討委員会第2回議事速報版

Prohibition
 11月から始まった4つの委員会はすべて公開されています。所管がそれぞれ違いますので、委員会運営にもそれぞれのキャラクターが出ています。「傍聴される方へ」は、準則でもあるのでしょうか、何処もこのようになっております。傍聴、だまって聴くだけ、どのような刺激的発言、意見表明にも、いっさい反応してはいけないのですから、パイプ椅子の苦痛以上に非人間的「苦行」を強いられます。写真もダメ、録音もダメ、パソコンもダメ、何もかもダメ、委員長の指示に反したら「退室命令」です。(12月議会本会議で、細田議員の橘駅設置推進大演説に傍聴席から盛大な拍手がありましたが、退室命令は出ませんでした)
 公開会議の傍聴で、メモをとるのは結構大変です。(傍聴者にはデスクもありませんので)記憶を辿って、報告などしますが、正確さを保持するのは大変です。会議管理者は電磁記録を取っていますが、これまでの公開請求では出していただけておりません。(今後も請求続けます)傍聴席での録音許可を求めますが、会議開催以前に会議者の判断で決まります。議事録が公開されるまでには1〜3ヶ月くらいかかります。これではまったく時機を逸してしまいます。市議会本会議だけは、会議IT中継をいたしておりますが、録画のアップは3、4日後です。市議会常任委員会の議事記録はやはり1ヶ月以上かかります。
 「市民参画」の環境は未だできておりません。「市民拒否」にもたびたび遭遇します。速やかな行政情報の公正な公開こそが、行政と市民の信頼関係の最低条件です。信頼関係の無い「市民参画]などありえません。情報公開条例の目的をしっかり理解し、公開の改善に努めて欲しいものです。
 ところで、標題の「速報版」は、極めて「要約的」なものではありますが、私たち傍聴者が耳にした貴重な「委員発言」にまったく触れられていません。このことについては、速報版開示(12/26)以前に、ある傍聴者がこの会議の担当者に重要発言3点について「事務局の都合で、要約にこと寄せて記述を省略せずに必ず会議記録に残し、公開して下さい」と確認をしています。
 第1点:「前計画について是非の結論をつけずに次の検討に入るのは如何なものか」と言う杉山実委員の質問に対する仙田委員長の、「この委員会で前計画の総括をすることまでは無理」と言った趣旨の発言。
 第2点:自治会代表者の発言で「私は委員を頼まれたとき、事務局の人から、D案でまとめてもらいたいといわれたが〜」という趣旨の部分。
 第3点:同自治会代表の「時間がないので、D案に絞って議論をすべきだ」とする提案に対し、仙田委員長の「私としてはD案を前提とした議論にするつもりはない」といった趣旨の発言。
 第2点に関連して「自治会代表にD案でのまとめを依頼した職員はどなたで、なぜそのような依頼をしたのかについて、早急にご回答下さい」
 これに対する12/26の返信「議事録にはすべて記録する、ただ時間がかかる、できるだけ早くアップする」とあるだけで、前記のような「速報版」をお出しになったのです。質問事項については「D案に絞って議論をすべきなどとは言っていない、パターン2を基に検討して欲しいと言っただけ」としています。パターン2の前提にしたのがD案ですから、「まとめてもらいたい」と言われた自治会代表委員が、D案と発言し、委員長も問題を理解し、他の委員も「D案」で認知しているのです。この委員会担当職員の市民回答の不誠実さには、驚くばかりです。
 返信の最後に「いずれにいたしましても、関委員や宮崎委員のご発言の通り、事務局では基本方針をもとに今後の施設のあり方(中身)などを検討していただくつもりでいます」と記述していますが、関委員、宮崎委員が「基本方針をもとに今後の施設のあり方(中身)などを検討」と発言されたようにはお聴きしておりません。電磁記録での確認を早急にすべきです。お二人には私からも確認をお願いしてみます。
 「小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会」は、市民の大きな関心の中で行なわれているのです。担当職員のみなさん、委員会傍聴席が不足するほどの状況を直視して下さい。

|

« 歴史まちづくり法(1) | トップページ | 2009年の正月(身辺雑記) »

コメント

今回の市民会議には注目していましたが、会社員の為、時間の都合がつかず一度も傍聴できていません。松本氏ブログで様子がわかり大変助かります。ところで、今回の委員会の所管はそれぞれ別の為、運営方法が異なるという話ですが、全委員会全て加藤市長付の委員会と一般市民は考えています。加藤市長管理下で所管が議事録を改ざんし、傍聴注意事項まではりだす始末。市長には徹底した所管管理を願いたい。

投稿: 一市民 | 2008年12月27日 (土) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/43536631

この記事へのトラックバック一覧です: まちづくり検討委員会第2回議事速報版:

« 歴史まちづくり法(1) | トップページ | 2009年の正月(身辺雑記) »