« 応募1社と応募2社 | トップページ | 小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会報告書の怪 »

2009年2月16日 (月)

小田原市の委員会報告書は形式要件か

G_home_01 9月から始まった「小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会」、市民からのレポート、副市長たちによる採点による市民委員の選任、選任過程が見えない専門家委員の指名、11月からは何ともびっくりの強行軍委員会、分科会など5時から10時までの3連続開催、委員のみなさんの手探りの苦難・苦労、目眩く?目隠しの?何とも不愉快なこの6ヶ月、そして報告書作成、何とも不思議な「検討」の幕引きにするのでしょうか。昨年7月からの職員さんたちのご苦労には同情したくもなりますが、委員のみなさんに押し付ける驚くべき無茶な日程での報告書作成作業、委員のみなさんは暇を持て余している訳ではないのですよ。この「検討」は、このまちの分水嶺と、愚直に、正直に問い続けてきた市民は、「形式要件」だけと見えるような「報告書」は許しません。委員諸兄姉のこの3ヶ月の誠実な努力を映し出したものとなるよう、これ以上の負担をかけず十分にこころして提示してください。

|

« 応募1社と応募2社 | トップページ | 小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会報告書の怪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/44086396

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市の委員会報告書は形式要件か:

« 応募1社と応募2社 | トップページ | 小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会報告書の怪 »