« 小田原市の委員会報告書は形式要件か | トップページ | 検討委員会報告書の作成騒動?? »

2009年2月17日 (火)

小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会報告書の怪

 三の丸地区分科会の報告書は「文化交流課」、お城通り地区再開発事業用地分科会は「広域交流拠点整備課」、小田原地下街施設分科会は「管財課?」の担当で作成するようですが、何とも納得できません。三の丸も再開発もこの所管で進めた施策が破綻してこの検討委員会が立ち上がったのですよ。検討委員会の所管は企画政策課のはず。これまでの所管課を外して「委員のみなさまの公正な検討」を受けたのではないのですか。なんとも、奇々怪々な仕組みですね。報告書は、分科会と言えども検討委員会所管の企画政策課が作成すべきです。
 委員会では、小沢市政時代に「予定地」とされていた用地では、市民満足を得る「芸術文化交流施設」をつくることは困難であるとの共通認識がありました。用地を確保しなければ史跡の景観に大きな支障が出るとの認識から、三の丸地区設置には用地整備が前提、加藤市長も強く説明されていました。三の丸地区に用地を整備して行くことに時間がかかるのであれば、必然的に「早期実現」は無理になります。現市民会館が老朽化したから、狭小の現用地しかないだから景観破壊はしょうがないなどという無謀な委員意見はまったくありませんでした。くれぐれも小沢市政戻りはやめてください。(今日はすばらしい快晴.今ロマンスカーの中から、車窓の富士山を眺めながらこの記事を書いていました。足柄平野の美しさに感嘆です。有能な市職員諸兄姉、この美しい風土の中心小田原城史跡を守ってください。私たちの後代への責務です)

|

« 小田原市の委員会報告書は形式要件か | トップページ | 検討委員会報告書の作成騒動?? »

コメント

 作成された報告書は作成元がどこでも、新市長肝いりのプロジェクトの成果となります。忙しい時間を割いて出席した市民委員の方々を裏切らない報告書作成を願っています。

投稿: 一市民 | 2009年2月17日 (火) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/44089946

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会報告書の怪:

« 小田原市の委員会報告書は形式要件か | トップページ | 検討委員会報告書の作成騒動?? »