« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

「覚書」の解除と新たな施策

090429kanagawa 昨年2008年8月13日に破綻が明らかとなり、8ヶ月半ほど経ってやっと「覚書」解除が4月28日の「準備組合」総会で議決されたと新聞報道されました。一昨年10月30日に「準備組合」はアーバン社と「覚書」を締結し、アーバン社は翌日10月31日に「優良建築物等整備事業補助金」の交付を申請し、県と市は160,200,000円を交付しました。アーバン社は覚書締結後、負担金49,468,500円を準備組合に支払っています。これは、準備組合が以前の「一般業務代行者村井敬合同設計」に負っていた債務、村井設計に払うべき設計料等を村井設計に払わせていた債務を事業施行者アーバン社に負担させたものです。これらについて、「覚書」当事者および県・市ともに返還請求等をしないことの了解の基に解除されたものと推測されます。
 この再開発事業は、日本国有鉄道の民営化政策のなかで、1984年に「国鉄貨物駅跡地」を小田原市土地開発公社が取得した時から長い経緯があります。地権者、小田原市ともに25年間、さまざまに知恵を絞り、試行錯誤を重ねた結果、振り出しに戻るということになりました。膨大な学習をされましたが、小田原市民は高い授業料を、地権者は長期にわたる時間損失を負ってしまいました。
 明日4月30日には、小田原市長からこの事業と三の丸地区整備、地下街再生に関する施策方針が発表されるようです。新総合計画策定事務が既に始まっています。その前提となる確かな方針がこの3事業にも示されるのでしょう。
 昨年8月29日に加藤市長より3事業転換の「見直し」が示され、たいへんシリアスな論議が市民の間で展開されました。そのような中、11月からは「小田原駅・小田原城周辺まちづくり検討委員会」も開かれました。市長の方針を注目します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

小田原市議会の崩壊か(2)

090422youngcherry 今日は、午後2時から小田原市議会議会運営委員会(議題 陳情第63号 議案に対する議員個人毎の賛否を公開する事に関する陳情書)がありました。9人の傍聴者がみえました。前回(3月19日)は仕事の調整がつかず傍聴できませんでしたが、この日はなんとか時間をとって久しぶりに市役所庁舎に伺い8人目の傍聴者になれました。仕事から離れられない者にとって、平日の午後の「市民参加」は結構大変です。
 議運の傍聴など始めてでしたが、議会改革の陳情審査を議運がやるというのはどうなんでしょうか。一寸妙な感じがします。この「会議」は長い休憩を挟みましたが、40分で終了しました。休憩中の談合では、議長堀村委員長(公明党)の継続審査にしたいという「接なる願い」が全委員に受け入れられず、自らの1票でことが決すると言う事態になりました。公明党の「キャスティングボート」で、議長採決せよと責められて、「苦渋の決断」でしょうか、『不採択』に1票を投じ、閉会となりました。接なる願いをこめて署名された3,248人の方々の願いは、むなしく消えていきました。
 この委員会審査、選挙民には見せられないものでした。冷静に報告できそうもないので、少し時間を於いて議事録が公開されてから、報告させていただきます。代わりに、冷静な「レポート」から一部お借りしてここに転載させていただきます。
 「フォーラム市民ネット」の木村議員・檜山議員、「日本共産党」の田中議員の3人が公開に賛成。「至誠」の鈴木議員、「新生クラブ」の井原議員、「グループ相和」の大村議員の3人が反対。賛否同数でしたので、委員長の「公明党」堀村議員が、反対して、4対3で、陳情は不採択となりました。『インターネット中継しているし、議会傍聴可能だし、議事録も公開していて、市民の知る権利は保障されているから、賛否の公開は不必要』(鈴木議員)『賛否を公開しても、投票率は上がらない』(井原議員)などが、反対議員の声でした・・・・。2市8町のなかで、「小田原だけが・・・」という日が迫っています。とりあえずこのブログで傍聴記憶を基に賛否を私的に公開します。(青木正光議員が亡くなられたので議員現員27人)
【議案賛否の公開に反対】公明党(今村洋一、小松久信、堀村逸郎、奥山孝二郎)、新生クラブ(谷神久雄、井原義雄、俵鋼太郎)、グループ創和(志澤清、横田八郎、植田理都子、大村学)、至誠(相澤博、加藤仁司、飯山茂雄、武松忠、鈴木美伸)以上の16議員
【議案賛否の公開に賛成】日本共産党(関野隆司、原田敏司、田中利恵子)、フォーラム市民ネット(三廻部周雄、細田常夫、大野眞一、杉山三郎、木村信市、安野裕子、檜山智子、佐々木ナオミ)以上の11議員(会派・議員名は小田原市議会会派名簿によります。太字は新人議員)--画像は若い遅咲き桜の夜景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城址公園の再生

090428umadashimon 復元された馬出門は公開されてから1ヶ月経ちました。お堀端通りの景観環境は一新したようです。夜間のライトアップも美しく、門を通り抜けるときは嬉しいものです。この写真は今朝の7時半頃のものですが、朝日を真っ正面に受け、遠景の銅門も目に入り、爽やかな気分で散策できます。
090423yellowlope この写真は4月23日撮影のものですが、公開時からロープで荒々しく縛ってある光景がとても気になっていました。
090428ironbelt 今朝この鉄帯での固定を目にしました。やはり気にしていられたのでしょう。オープンからちょうど1ヶ月目ですが、この手直しはありがたいですね。五代祭りに間に合ったということでしょうか。城址公園は美しい景観の牽引力になって欲しいものです。各所の案内板、注意・警告版などのビジュアルな表現にはぜひ神経を使っていただきたいですね。
090428akaganemon 朝日を受けた銅門を枡形から眺めました。門扉はたった今開けられたところです。7時45分でした。この時間にもかなりの来訪者が居られました。この枡形を閉鎖して、訪問ルートを変更させることで管理上の利点があるのかも知れませんが、交流人口を拡大しようと知恵を絞って工夫していることを考えると、とても残念です。来訪者が増えれば、管理手間も増えることでしょうが、何とか頑張って、Welcome の姿勢を示したいですね。
 城址公園は、数年前に比べると格段にクリーンになりました。朝の散策で拾うゴミの量は、三分の一くらいになりました。来訪者が放置していくゴミを見ていると、この旅先のゴミを自宅まで持ち帰れというのはいかがなものでしょうか。クリーンで美しい城址公園が、来訪者にひとときの喜びを与え、「ごみ」ではなく、こころにお土産を持って帰って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

おだわらTRYフォーラム(2)

090422wisteria 今日は初夏を通り過ごした陽気でした。午後1時から、市民活動サポートセンターで小さな会議があり、終了後に城址公園の散策をかねて帰宅しました。「藤棚」の周辺は強い日差しの中で棚上に咲きそろった藤と植え込みのツツジが、見事な光を放っていました。会議の最後にTRYフォーラムの「政策提言」のことを手短かに紹介しました。どなたもまったく初耳のようでしたが、城址公園の整備、美化による交流人口増加について、会としての提言をしたいとして5月に2回の話し合いを持つことになりました。
 小田原市では,プラーヌンクスツェレの小田原版と言う説明ですが、「市民討議」の運営は政府実施ではなく,第三者への委託でなされるものですので、その説明がまったくないのにやや違和感を持っております。「小田原スタイル」があるのでしょうか。政府内で提示された63項の討議テーマを、どのように「市民討議」に掛けられるのでしょうか。その参加市民の「有償」保証は予算(825万円)内で可能なんでしょうか。
 この討議が「新総合計画策定」という大仕事のスタートになるのですから、個別的な事業施策についての「市民討議」とは違うものになるのでしょうか。「ご心配なく」ということなのでしょうか。情報不足の中で居心地の悪い気分で,藤棚前でカメラを構えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

おだわらTRYフォーラム(1)

090418tryforum 小田原市は「市民参画」による新総合計画策定の「手法?」を公式サイトに発表されました。プラーヌンクスツェレによって サイレントマジョリティーの参画を得ようと言う壮大な計画です。さまざまな資料が添付公開されておりますが、かなりお急ぎになって策定されたのでしょうか、不整合な部分が見られます。いずれにしても、この新しい手法による「新しい小田原の市民参画」が大きな成果を上げることを衷心より願うものです。
 市民参画は、情報の共有が根底になければ成立しません。(アンケート調査も概要が公表されましたが、行政情報共有の意識なども設問に入れて欲しい)これまでの「市民参画」の経験からは、非公開のバリアにぶつかり続けました。「市民拒否」とまでは言いませんが、行政情報は公開を請求されない限り出さなくてよい,請求されればどうしても出さなければならないものだけ最低限の公開をする,そんな経験をいやというほどさせられてきました。謄本請求にしろ、閲覧請求にしろ、大変な手間ひまを要しますし、2週間ほど待たされます。請求公開ではなく、自主的な公開にならないものでしょうか。情報自由条例のようなもの策定したいですね。
 「TRYフォーラム」のために「各種市民活動団体」は、政策提言ができるようですが、討議テーマとして列記された63項目の「設問」にお答えするという方法のようです。この設問への「提言書」を設問設定者の30ほどの所管課に2部持参することとなっています。締め切りはなんと、5月22日です。そして,6月27日から始まる「市民討議会」に情報提供者として参加することになります。小田原市には、これほど素早く、精力的に行動できる各分野毎に「各種市民活動団体」があり、大きな負担にたえられるのでしょうか。サイレントマジョリティーによる40分ほどの討議で成果が上がるのでしょうか。十分な調査と企画のもとにこの「市民参画手法」が立案されたのでしょうか。余計な心配なんでしょうか。今後の展開に期待します。(画像は小田原市制作パンフ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

桜の日々(3)

090403post2 2月から始めた「ワンワンクリーン大作戦」、4月12日の日曜日が第3回目でした。ポスト広告紙が告知広告を出していただいたこともあり、たいへん大勢の愛犬家が参集されました。快晴に恵まれ、最後の花見客の雑踏の中でゴミ回収が行なわれました。「小田原城址公園愛犬家の会」は、これからいくつかの活動を計画されています。昨年10月に懇談会開催を呼びかけてからほぼ半年ですが、既に66人(世帯)の方が参加されています。
 犬飼育のマナー向上が第一目標ですが、城址公園の環境保全整備も大きな目的で、観光課と環境保護課のご協力もいただいております。日本国でも「動物愛護法」の整備が進み、環境省自然環境局に「動物愛護管理室」が設けられるまでになりました。中央環境審議会には「動物愛護部会」があり、現在は昨年の中国産ペットフードの事故を受けて「ペットフード小委員会」が組織され3回ほど審議が進んでいます(農水省と恊働)。自治体の「動物愛護」の所管は、都道府県、指定都市、中核市計103自治体では「動物愛護管理行政担当組織」が指定されています。神奈川県では「保健福祉部生活衛生課乳肉衛生・動物保護班」が担当とされているように、何処も「動物」は産業動物・畜産を所管する部署に置かれています。小田原市では環境部環境保護課の「畜犬登録」事務の関連として動物愛護行政の窓口になっていますので、愛犬家による「放置糞」とゴミの回収という活動にはぴったりの所管ではあります。
 小田原城址公園愛犬家の会は「人と犬との幸せな生活〜人と犬との共生を通して,暮らしやすい街づくりに努めることを目的とします」と謳っているように、人と犬との共生環境の整備が活動の中心になっていくでしょう。人が犬を愛護し、犬が人をサポートする、高齢少子化社会の中でこんなまちづくりが始まっているのです。
 次回は,5月10日(日)午後2時に行なわれます。「市民と行政の共生」のためにも、さまざまな方のご参加をいただきたいものです。(告知広告紙面は”ポスト広告紙”2009年4月3日号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

桜の日々(2)

090408sakura 週末のにぎわいは嬉しいものでした。この写真は、拙宅の玄関先からで、今朝8時ころのものです。(いまはロマンスカーの中で書いています)天守閣は、健やかに伸びた樹々の陰に隠れているようにも見えますが、風情のある光景です。少し剪定していただくと良いのかも知れませんが、樹を切るというのはこころ痛むものですね。もっとも、自然に任せて放置しておけば、あっという間にこのまちも密林になってしまうでしょうが。一夜城もかなり樹々の伐採が進んで、明るい公園になっていました。

090408garbage3 城址公園の藤棚と二宮神社の間に、2軒の民家がありました。数年前に1軒が転居され、その跡地は砂利敷きの休憩広場になっています。この写真は、残っていられる1軒の敷地と公有地である広場の境界(?)に放置されている廃棄物です。これまでもできるだけ回収して持ち帰っていましたが、今回は手に提げていける量ではありません。この敷地境界に簡易な塀か生け垣などできないものでしょうか。美しくしましょうよ。

090408neglect3 これは、真新しい、美しい馬出門を出てすぐのところの放置物です。とても目につきます。工事残材でしょうか。石材の残りなども積み上げてありますので、まだ工事現場のつもりなのかも知れませんが、連日大勢の来訪者を迎えているにしては、少し残念な光景です。馬屋曲輪の工事は引き続き行われるのかな。

090408wall これは、馬屋曲輪の一角を仕切った仮囲い塀です。工事現場として絶対に確保しなければならない用地なんでしょうね。以前にも記事にしましたが、仮設物といえども、数年間、数ヶ月残置されるようなものは、しっかり景観に配慮していただきたいですね。なぜこんな異様な配色の塀が必要なんでしょうか。自動車が飛び込んで来るとでも言うのですか。数日後に撤去されるのであれば我慢もできますが、数ヶ月残るのであれば、簡単な板塀などにして欲しいですね。
 史跡、小田原城址公園は私たちの宝物です。美しくあることに管理者の心配りを切望します。市民にできることがあれば、私たちもできるかぎり汗を流します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

桜の日々(1)

090405closed 年度末は、なんとも多用な日々を東京で過ごさなければなりませんでした。4月1日には恒例行事を済ませ、やっと夕刻からわが小田原で時間を持てました。この写真午前7時半頃の写真ですが、銅門が閉門されています。8時まで通れません。やっと、馬出門から常盤木門まで、「全通」しましたのにどういう訳でしょうか。

090404dobashi これは9時頃の光景。馬出門土橋は行き帰りの行楽客でたいへんな盛況。お堀端通りの光景が一変しました。この面前に巨大ビルを建てるという無謀さ、今では信じ難いものです。さすがに数日前まであった「城下町ホール建設用地」という看板は撤去されていました。この用地の「美しい」活用が楽しみです。

090504boat お堀では、ボート遊びの客が満開のさくらの下で、楽しんでいられました。お堀端商店街のご努力で続けられているようですが、ありがたいことです。もしわがまま言わせていただければ、4時閉店はこの季節早すぎないでしょうか。久しぶりに尋ねてきた、孫娘と4時丁度に行ったのですが駄目でした。

090315wildflower 「城下町ホール建設用地」だった馬出門土橋の正面のオープンスペース、いまだ「暫定利用」は始まっていないようですが、昨年秋に蒔かれた花の種が、見事に咲き誇っています。フィレンツェにあるボッティチェリの『春』、大地に咲き誇っている華麗な花々を思わせます。早朝散歩の最大楽しみです。「暫定利用」は市民広場?花壇も芝生もあるようですが、早く利用したいですね。

Keirinngarbage こんなところにまで、小田原競輪の外れ車券?が何枚も捨てられていました。ビール缶、酒カップなども散乱。何とも惨めな光景です。「お花畑には外れ車券がよく似合う」1949年8月に開業した小田原競輪場、今年で60周年。戦後復興のためのこの60年。教育施設の集積した地域に賭博施設、住民の我慢も限度です。行財政改革検討委の報告書には「特に、将来的に先細る可能性の高い競輪事業(特別会計)については、平成19年度に競輪事業検討委員会より「基本的には存続する」という答申が出されているものの再検討の余地があると考えられます。」と述べられています。「城下町競輪」は使命をとっくに終えています。

090404warning この「お茶壺広場」、城址公園の中で唯一の「芝生張り」です。お花見の方たちにとっては、ありがたい宴席広場。大勢の方が芝生に座っていられました。この写真の「注意喚起・警告」掲示、ごもっともにも思いますが、この狭い場所に12枚も掲げるのはちょっとやり過ぎでは。小田原市民の公徳心のなさを宣伝しているようで悲しいですね。観光客にはどう写るのでしょうか。

090405hakusyuh 今日の小田原文学館は「桜咲く La Festa」でお琴の演奏など楽しい企画がなされており、「親子で歩く白秋童謡の散歩道」の歩き初めの方々も大勢合流され大変にぎわっていました。好天に恵まれ、まさに桜咲く喜びにあふれていました。

090405garbage1 二の丸広場では、骨董市やらおでんサミットで大変な混雑、長い行列、拡声器の大音量など。快適な環境にはほど遠いようにも思えましたが、これがお祭りなんでしょうか。歴史見聞館前の植え込みの陰には、こんな弁当ゴミの集積所ができていました。来訪者が増えれば、当然ゴミも増える訳ですが、ゴミ箱は本丸以外はすべて撤去されています。「交流人口拡大」を唱えながら、ゴミはすべて持って帰れというのはどうでしょうかね。

090405garbage2 この写真は、我が組のゴミ集積所に置いていかれた弁当ゴミです。車で来られた方は、ゴミ持ち帰りもさほど苦にはならないかも知れませんが、これから東京まで電車でお帰りになる観光客は、「ごめんなさいね」と言った風情で、きちんと袋につめておいていかれます。「こころにお土産」と聞きましたが、「鞄にゴミ」では気の毒ですね。

090406neglect1 この壊れたバイク、もう10日以上放置されています。ここは観光客の有料「臨時駐車場」、競輪客の無料「臨時駐車場」ですが、管理されていないのでしょうか。花見客の皆さんこの異様な廃棄物をどうご覧になったのでしょうか。

090406neglect2 「海上保安庁・貸付」?一体このバイク何なのでしょう。盗難車?ゴミ回収はかなり上達したつもりですが、さすがにこれはご遠慮しました。臨時とは言え公共の用地を有料で使用させているのです。駐車場内の監視などはどうなっているんでしょうか。

080504kana2 4月2日からのささやかな休養、極めて狭い範囲のまち歩きでしたが、「新しい小田原」を発見していきたい思いを強くしました。来月は「北条五代祭り」。新しい祭りとして迎えたい。この新聞記事、昨年5月4日の神奈川新聞です。賞味期限切れと言われた前市長のお別れの勇姿だったのか。この観光協会長(市長)騎乗の姿は、小沢氏の時代からとかお聞きしました。何度拝見しても、違和感が拭えません。パロディーでまち起こしという訳ではないでしょうが、議員諸氏まで動員しての苦行、どう考えても「新しい小田原」の姿とは思えません。私の感覚がおかしいのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »