« 桜の日々(2) | トップページ | おだわらTRYフォーラム(1) »

2009年4月14日 (火)

桜の日々(3)

090403post2 2月から始めた「ワンワンクリーン大作戦」、4月12日の日曜日が第3回目でした。ポスト広告紙が告知広告を出していただいたこともあり、たいへん大勢の愛犬家が参集されました。快晴に恵まれ、最後の花見客の雑踏の中でゴミ回収が行なわれました。「小田原城址公園愛犬家の会」は、これからいくつかの活動を計画されています。昨年10月に懇談会開催を呼びかけてからほぼ半年ですが、既に66人(世帯)の方が参加されています。
 犬飼育のマナー向上が第一目標ですが、城址公園の環境保全整備も大きな目的で、観光課と環境保護課のご協力もいただいております。日本国でも「動物愛護法」の整備が進み、環境省自然環境局に「動物愛護管理室」が設けられるまでになりました。中央環境審議会には「動物愛護部会」があり、現在は昨年の中国産ペットフードの事故を受けて「ペットフード小委員会」が組織され3回ほど審議が進んでいます(農水省と恊働)。自治体の「動物愛護」の所管は、都道府県、指定都市、中核市計103自治体では「動物愛護管理行政担当組織」が指定されています。神奈川県では「保健福祉部生活衛生課乳肉衛生・動物保護班」が担当とされているように、何処も「動物」は産業動物・畜産を所管する部署に置かれています。小田原市では環境部環境保護課の「畜犬登録」事務の関連として動物愛護行政の窓口になっていますので、愛犬家による「放置糞」とゴミの回収という活動にはぴったりの所管ではあります。
 小田原城址公園愛犬家の会は「人と犬との幸せな生活〜人と犬との共生を通して,暮らしやすい街づくりに努めることを目的とします」と謳っているように、人と犬との共生環境の整備が活動の中心になっていくでしょう。人が犬を愛護し、犬が人をサポートする、高齢少子化社会の中でこんなまちづくりが始まっているのです。
 次回は,5月10日(日)午後2時に行なわれます。「市民と行政の共生」のためにも、さまざまな方のご参加をいただきたいものです。(告知広告紙面は”ポスト広告紙”2009年4月3日号)

|

« 桜の日々(2) | トップページ | おだわらTRYフォーラム(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/44666392

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の日々(3):

« 桜の日々(2) | トップページ | おだわらTRYフォーラム(1) »