« おだわらTRYフォーラム(1) | トップページ | 城址公園の再生 »

2009年4月22日 (水)

おだわらTRYフォーラム(2)

090422wisteria 今日は初夏を通り過ごした陽気でした。午後1時から、市民活動サポートセンターで小さな会議があり、終了後に城址公園の散策をかねて帰宅しました。「藤棚」の周辺は強い日差しの中で棚上に咲きそろった藤と植え込みのツツジが、見事な光を放っていました。会議の最後にTRYフォーラムの「政策提言」のことを手短かに紹介しました。どなたもまったく初耳のようでしたが、城址公園の整備、美化による交流人口増加について、会としての提言をしたいとして5月に2回の話し合いを持つことになりました。
 小田原市では,プラーヌンクスツェレの小田原版と言う説明ですが、「市民討議」の運営は政府実施ではなく,第三者への委託でなされるものですので、その説明がまったくないのにやや違和感を持っております。「小田原スタイル」があるのでしょうか。政府内で提示された63項の討議テーマを、どのように「市民討議」に掛けられるのでしょうか。その参加市民の「有償」保証は予算(825万円)内で可能なんでしょうか。
 この討議が「新総合計画策定」という大仕事のスタートになるのですから、個別的な事業施策についての「市民討議」とは違うものになるのでしょうか。「ご心配なく」ということなのでしょうか。情報不足の中で居心地の悪い気分で,藤棚前でカメラを構えました。

|

« おだわらTRYフォーラム(1) | トップページ | 城址公園の再生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/44754427

この記事へのトラックバック一覧です: おだわらTRYフォーラム(2):

« おだわらTRYフォーラム(1) | トップページ | 城址公園の再生 »