« 小田原城周辺に公営賭博施設? | トップページ | お祭り前の散策 »

2009年5月 1日 (金)

されど市議会

090501council_letter2 小田原最大のイベントの前ということでしょうか、この市議会だよりでは、昨年の「市議会勇姿」が女性市議を含めて美々しく飾られています。このイベント小田原観光協会の主催のはずですが、市長も市議会も積極協力しているのですね。それとも市長と市議会を、領主と武士団で表現なさっているのでしょうか。折角のお祭りです、市長も市議会も裏方で支援なさって、お祭り好きの方々や観光事業の関係者で良い企画を練られるのが良いのではないでしょうか。市長が馬上の北条早雲というのは、小澤市長時代になってからとか。もうそろそろ観光協会の出番に委せましょう。これが小田原スタイルというものを見つけましょう。
 ところで、この「便り」、「すべての議案を可決しました」と伝えています。「全員賛成」は2議案だけ、他は全部「賛成多数」です。反対者が居たのでしょう。賛成者が誰で反対者が誰なのか、知りたければネット中継を見なさいと言う「議会運営委員会」での論議は、まったく市民を愚弄するものです。この便りに「議員毎の賛否の公開」をすること、極めて簡単ではないですか。堀村、鈴木、井原、大村議員をはじめとする16議員は、公開に反対する理由を市民に説明してください。
 便りには本会議代表質問と予算特別委員会の総括質疑(質問者指名なし)が記事になっていますが、陳情審査をした3月19日の議会運営委員会にはまったく触れていません。市民署名3,248筆を添えての陳情審査ですよ。傍聴者20人というだけでは何も判りません。議事録を手にすることはまだできません。
 市議会だよりで勇姿を示すより、まず議会の論議の姿を見せてください.市民の誰もが傍聴に足を運べる訳ではないのです。議会だより経費700万円をしっかり活かしてください。市議会の自浄努力を求めます。

|

« 小田原城周辺に公営賭博施設? | トップページ | お祭り前の散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/44853199

この記事へのトラックバック一覧です: されど市議会:

« 小田原城周辺に公営賭博施設? | トップページ | お祭り前の散策 »