« 非力に泣く | トップページ | 特会!! »

2009年7月25日 (土)

八幡山遺構群見学

090725kokaku 今日は一日不安定な天気でしたが、外出するにはいささか面白いお天気変化が楽しめました。午後1時半から、かながわ考古学財団のスタッフによって丁寧にご案内いただけました。話題の土師器や壷型埴輪の出土、古墳の可能性など古代の世界、4世紀初めまでさかのぼっての話に、見学者は熱心に耳を傾けていられました。
 壷型埴輪は、撤去された水泳プールの更衣室基礎下から出土したそうですが、このすぐ裏手には高台があり(北条時代には櫓台になっていた)、この高台が古墳であったとすれば、そこの飾り物の埴輪が滑り落ちて埋没したのではないか、などと想像されます。古郭西曲輪の北部にも小振りな高台があり、ここも古墳の可能性がありそうです。古代邪馬台国にまで思いが広がります。
090725kokakutour 今回の見学会は、前回の西曲輪西堀などの時と違って、大変見学者が少なく、やや寂しい思いがしました。5、60人ほどではなかったでしょうか。県所管の文化財調査ですが、小田原市としても広く市民に周知させても良かったのではないでしょうか。(上の画像はかながわ考古学財団の見学者説明用に配布されたものです)

|

« 非力に泣く | トップページ | 特会!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/45738293

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡山遺構群見学:

« 非力に泣く | トップページ | 特会!! »