« 史跡整備と樹木保全 | トップページ | 暫定整備 »

2009年7月17日 (金)

孤独なスプリンクラー

090717sprinkle この二日ほど炎暑が続きました。マロニエで小さな市民集会があったのですが、クーラーの効き過ぎでやや体調低下。その夜もサポセンで定例会議。ここも冷え過ぎ。このダメージは結構後を引くものですね。疲れきってTHE OPEN 中継TVも途中でギブアップ。おかげで今朝は6時ころから散策開始できました。
 この画像、三の丸広場の今朝の光景です。中心部に「孤独なスプリンクラー」の姿が見えます。早朝から水まきしている小田原市職員の方です。散水栓は広場の北端、お堀端通りに近いところに1/2インチ水栓が1箇所あるだけです。ここは、5,900平米の用地です。一番奥までは120m位あるでしょう。夏場の芝生の水やりですから、10平米当たり1分以上はかかります。590分、10時間はかかりそうですね。今朝は幸いに、昨日と違って過ごしやすい朝でしたし、8時ころには、びっくりするようなシャワー雨までやってきましたので、彼も救われたのではと安堵しています。散水ボランティアを募集されています。でも、散水栓が1カ所ではどうなるのでしょうか。
 小田原市議会6月定例会では、189万円の用地拡張調査費の補正予算を否決されました。この暫定市民利用にも、もう少し予算をお認めいただかないと、職員やボランティアを熱中症で苦しめることになりますよ。シンプルな散水設備、200万円程度の工事予算をお認め願えないでしょうか。せっかくのティフトン芝を定着前に失っては大変です。お若い市議さんによる「スプリンクル緊急大作戦」などは。いかがでしょうか。

|

« 史跡整備と樹木保全 | トップページ | 暫定整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/45655384

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独なスプリンクラー:

« 史跡整備と樹木保全 | トップページ | 暫定整備 »