« 記憶に残る8月15日でした | トップページ | 三の丸広場 »

2009年8月17日 (月)

いよいよ明日公示

090817mic 明日、第45回衆院選 比例代表選挙・第21回国民審査・衆院選小選挙区選挙が公示されます。画像は総務省です(サイトから)。ここに中央選挙管理会があり、5人の委員と事務局職員が執務されているそうです。衆議院比例代表選挙と参議院比例代表選挙に関する事務、最高裁判所裁判官の国民審査に関する事務は中央選挙管理会が管理し、衆議院小選挙区選挙、参議院選挙区選挙、都道府県の議会の議員および知事の選挙に関する事務などは都道府県の選挙管理委員会が管理しているのだそうです。8月30日の投票日には、私たち選挙民は①「衆議院比例代表選挙」②「最高裁判所裁判官の国民審査」③「衆議院小選挙区選挙」の3つの投票をすることになります。
 衆議院比例代表選挙は平成12年2月9日に定数200人が180人に削減され、首都圏では、東京選挙区が17人、北関東が20人、南関東が21人の定数となっています。
 最高裁判所裁判官の国民審査は、前回の審査以後に任命され未審査の9人の裁判官が審査対象です。信任しない意思表示は×印、なにも書かないと信任となります。
 小選挙区は300、定数1人です。私が住民登録している小田原市は、神奈川17区に入っており、被選挙人はもちろんまだ分かりませんが、わずか 3、4人程度のようです。(立候補の条件が厳しいのでしょうか)
 今回の選挙は、私にとってたいへん悩ましいものでしたが、公示を前にして次のように決断しました。①比例代表選挙では戦争放棄を貫いてくれる「政党」に投票します。一般の市民にとって憲法遵守の最大の行為だと思います。②最高裁判所裁判官国民審査では、これまでの最高裁の判決の公正さ、この審査の手法など審査の仕組み自体の妥当性を判断して投票します。一般の市民が現在の司法制度改革に参加できる唯一の機会です。③小選挙区選挙では、政権交替を実現せんとする政党の小選挙区被選挙人を選択して投票します。

|

« 記憶に残る8月15日でした | トップページ | 三の丸広場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/45956404

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ明日公示:

« 記憶に残る8月15日でした | トップページ | 三の丸広場 »