« いよいよ明日公示 | トップページ | 市民参画は夢か(2) »

2009年8月18日 (火)

三の丸広場

090818flowerbed 城下町ホールという名で、この地に巨大ビルディングを建てようという奇怪な計画が否定されてから。既に15ヶ月が経過しました。せっかくだから「暫定利用」で市民広場をというアイデアで「整備」が進められています。芝生広場と市民の自主的な花壇つくりが姿を現してきました。
 今朝拝見したところ9コマの花壇のうち8コマは、植え込みがなされています。真夏に花壇整備は難しいのでしょうが、みなさん創意工夫と勤労で乗り切っていられるようで敬服します。蕎麦を植え込まれた錦通り商店街は、きれいな表示板を出されていますが、他のグループのみなさんにもぜひ簡単な表示板を出していただきたいですね。
 芝生の管理という厄介な作業が市民と職員の方たちで進められていますが、善意と熱意だけではとても達成できそうにない作業量です。炎天下、たった1本のホースで散水されている職員の苦労、この先どうなるかと不安です。5,900平米の用地です。何らかの簡易散水の手法はないのでしょうか。管工業組合さんなどのお知恵をお借りしたいものです。

|

« いよいよ明日公示 | トップページ | 市民参画は夢か(2) »

コメント

写真で見ると、
終戦記念日の松本さんの「敗戦体験を語る会」に行ったせいかもしれませんが。
ホール予定地の広場が、戦争中に食料生産のために、
あちこちの空き地で芋やかぼちゃを育てていたのを連想させられました。
繰り返してはいけない風景ですね。


投稿: 小田原不良市民 | 2009年8月19日 (水) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/45961003

この記事へのトラックバック一覧です: 三の丸広場:

« いよいよ明日公示 | トップページ | 市民参画は夢か(2) »