« CHANGE | トップページ | どうなっているのだろう »

2009年9月21日 (月)

小峰発電所

090917suntech 18日の記事で触れましたが、太陽電池発電の装置を僅かばかり設置しました。1枚の折り込みチラシを見ての、衝動的判断でしたが、モニター役を演じてみようと、発注しました。MSK佐久工場の製品だそうです。この工場は、モジュールを組み立てて出荷する、シャープや京セラなど各社のOEM生産をしているそうです。発注したものは、生産量世界一という「サンテックパワー」のモジュールを使用したものです。単結晶アモルファスで、型名STP180S-24/AC というタイプで、1枚当たりの最大出力180Wp、上代価格122,850円と称するものを、18枚設置しました。最大総出力3,240Wpになります。モジュールから送られてくる直流電力を交流に変換する「ソーラーパワーコンディショナ」は、型名GP40A、DC70〜380Vでの入力をAC200Vで出力するもの、上代価格309,750円です。この他接続箱、上代42,000円が加わり、発電システムの総計は2,563,050円です。この他に、設置工事費として機器取り付け360,000円、電気配線90,000円それに売電電力量計12,515円、カラーモニター64,800円、保証料40,000円などが加わります。
 今回はYAMADA電器のキャンペーン販売でもあり、アンケート回答、施工後写真撮影、発電量などの定期報告義務を承知して一式で2,500,000円となりました。この設置については、公的な補助金がでます。
 小田原市は「地球温暖化対策推進事業費補助金」が1Kw当たり20,000円上限60,000円(ちなみに1Kw当たり川崎市70,000円、藤沢市、清川村は50,000円、逗子市、箱根町、湯河原町40,000円、最低は南足柄市の10,000円)神奈川県は、「平成21年度 住宅用太陽光発電補助制度」で1Kw当たり35,000円上限120,000円(ちなみに1Kw当たり東京都は100,000円)、国からは1kWあたり7万円が出ます。つまり、我家の場合は県と国で35,000+70,000=105,000円の3.24倍340,200円、それに市からは上限の60,000円、計400,200円ということになりそうですが、「交付決定金額」226,800円という通知を受けました(算定計算根拠は示されていません)。私の計算が間違っているのでしょうが良く分かりません。通知者は「一般社団法人太陽光発電協会(1987年設立、93社・団体加盟、会長京セラ)」です。補助金の交付手続の代行をしているのでしょうか。
 ところで、東京電力に対して電力需給契約をするわけですが、発電所名を決めてくれと急に言われて、とっさに「小峰発電所」としてしまいました。この地区で、同名を名乗る発電所がなければ良いのですが。ネーミングは楽しいですね。この受給契約が成立して初めて発電開始になるそうです。10月の末頃とのことですので、またご報告します。(我家の屋根は、小田原城天守閣から俯瞰できます)
(追記・産経ニュース 9月18日)
新政権発足 直嶋経産相、温室ガス25%削減を国際公約に
 直嶋正行経済産業相は17日、産経新聞などとのインタビューに応じ、2020(平成32)年の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するという中期目標について、「主要排出国が枠組みに加わる」という条件つきで、国際公約として打ち出していくことを明らかにした。
 直嶋経産相は25%という高い目標を打ち出した理由として、「(削減目標を集約する)当事者に加わらないと、他国が決めた土俵に上がって削減義務を負うことになる。積極的に役割を果たした方が日本にとってプラスが大きい」と述べ、国際交渉での発言力強化に重点を置く姿勢を示した。ただ25%という数字の積算根拠については「具体的にはまだ提示できるものではない」と明言しなかった。
 家計や企業活動へ大きな負担が予想され、批判が強いことを考慮し、「産業界を含めて意見をうかがいながら、新たな方策を生み出していく」と国民の理解醸成に力を入れる方針。今後、各界の有識者が参加した検討委員会の設置についても「必要になってくるかもしれない」と前向きな姿勢をみせた。
 一方、11月から始まる太陽光発電の余剰電力買い取り制度については、法律が見直される2年後までに、太陽光だけでなくすべての再生可能エネルギーで発電した電気の全量を電力会社に義務として買い取らせる「固定価格買い取り制度」に置き換えたいとの考えを示した。

|

« CHANGE | トップページ | どうなっているのだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/46266934

この記事へのトラックバック一覧です: 小峰発電所:

« CHANGE | トップページ | どうなっているのだろう »