« 普天間米軍海兵隊基地(2) | トップページ | 小峰発電所(4)12月発電量202KWh »

2009年12月31日 (木)

1909年、1959年そして2009年

 2009年が去ろうとしています。ひょっとすると、自らの立ち位置の発見になるかもと、年越そばを済ませてからの、50年・100年スパンでのレビューです。
 1909年10月には、哈爾浜駅頭にて伊藤博文が安重根に狙撃されるという歴史的事件が起こっています。伊藤博文は,明治政府の初代総理大臣(1885年)もつとめるなど、わが国の進路を定めた大政治家で、1905年に韓国統監府が設置されると初代統監に就任しています。この暗殺事件は、朝鮮半島の南と北ではまったく違うようです。
 1959年の1月1日、フィデル・カストロが親米バチスタ政権を倒しました。
 日本では3月30日に、東京地裁で「米軍駐留は違憲」という伊達判決が出ています。1952年のサンフランシスコ講和条約と同時に締結された日米安保条約の地位協定に基づく刑事特別法第2条 (正当な理由がないのに、合衆国軍隊が使用する施設又は区域であつて入ることを禁じた場所に入り、又は要求を受けて その場所から退去しない者は、一年以下の懲役又は二千円以下の罰金若しくは科料に処する)の違反事件です。この判決(わが国が外部からの武力攻撃に対する自衛に使用する 目的で合衆国軍隊の駐留を許容していることは、指揮権の有無、合衆国軍隊の出動義務の有無 に拘らず、日本国憲法第9条第2項前段によって禁止されている陸海空軍その他の戦力の保持 に該当するものといわざるを得ず、結局わが国内に駐留する合衆国軍隊は憲法上その存在を許すべからざるものといわざるを得ないのである)は「跳躍上告」によって、同年12月最高裁は原判決を破棄、1963年12月に東京地裁で、有罪判決(罰金2000円)が確定しました。この「跳躍上告」には、「米軍違憲」判決に仰天した駐日大使ダグラス・マッカーサー2世が、田中耕太郎最高裁長官、藤山愛一郎外務大臣に外交圧力をかけた記録が米公文書の調査で明らかとなっています。敗戦後64年を超えた米軍駐留が、「交替」した政権をいま揺るがせています。
 4月には、明仁親王と正田美智子さんの結婚披露パレードがありました。投石事件を起こした19歳少年は69歳になったのでしょうか。
 9月26日には、5千人を超える被災死者をだした伊勢湾台風。記憶に残る年でした。
 100年前の事件は、学習で知った「知識」、50年前の事件は「臨場体験」です。
 2009年、12月26日の下曽我「雄山荘焼失事件」は、太宰生誕(1909年6月19日)100年という「持続感傷」を、更なる「臨場体験」に変えてくれました。
 2010年は???

|

« 普天間米軍海兵隊基地(2) | トップページ | 小峰発電所(4)12月発電量202KWh »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/47170016

この記事へのトラックバック一覧です: 1909年、1959年そして2009年:

« 普天間米軍海兵隊基地(2) | トップページ | 小峰発電所(4)12月発電量202KWh »