« 名護市長選 | トップページ | 「免訴判決に基づく刑事補償決定」 »

2010年1月28日 (木)

小田原市議会とボートピア

 小田原には「無尽蔵」のまちづくり資源が埋蔵されているようですが、同時にまち壊し資源も「無尽蔵」に出現しています。一昨日26日の「驚愕のチラシ」が示す「(仮称)ボートピア小田原」もそのささやかな一つです。杉山三郎議員が12月議会で主張されているように、小田原市議会は、地元第2区自治会の役員連名でのボートピア設置推進陳情を採択し、設置反対陳情を不採択としています。これらの意思決定の主たる理由が「交付金1億円ほど」「町の活性化」であったように記憶します。小田原市は、2005年5月24日に前市長小澤良明氏が設置不同意を正式に公表して、設置計画は阻止されました。(それらの経緯はこのサイトで)それ以後も、事業計画者の「オレンジ観光」はくじけずに、市議らにこの事業の推進を迫っていられるのでしょうか、12月議会での杉山三郎議員は執拗に、折角の交付金があるのになぜなのかと、加藤憲一市長を攻め立てたようです。
 小田原市の将来像は、小田原市長と小田原市議会(多数派)ではまったく共有されていないようです。公営賭博のマーケットは、既に賞味期限が切れています。小田原競輪は開設以来60年を超えましたが、小田原市の都市スタイルの大きな障害です。この事業についても俵鋼太郎議員が、競輪事業の撤退をマニフェストとした加藤市長を、競輪賭博は健全な娯楽だ、継続すべしと迫っています。
 小田原市議会(多数派)にとっての小田原市の将来像とはどんなものなのでしょうか。ギャンブルの町として、外来者が「落としてくれる」果実を当てにしようということなんでしょうか。小田原市民が選挙で選んだ市議さん方が、市民意見を取捨選択されるのですから、小田原市民自身の願望なのでしょうか。それにしては、どうして「チェンジ」を掲げた市長を選挙で選んだのでしょうか。市議会選挙の制度がおかしいのでしょうか。
 議会の状況を変えない限り、ボートピアの亡霊は付きまとうようです。いま、「小田原市議会を考える市民の会」が活動を始めました。一年少し後には、市議会の選挙もあります。小田原を浮上させない「公営賭博事業」を継続させようと主張なさるのか、廃止しようと主張なさるのか、しっかり見極めたいものです。

|

« 名護市長選 | トップページ | 「免訴判決に基づく刑事補償決定」 »

コメント

杉山市議の態度はつかみ所がありませんね。
この分では、次危ない。今回もびりでしたから。
それとも、ボートピアがらみの支持を取り付けんでしょうか?

彼は以前、「ボートピアに賛成したのは将来別の場所に移転ができるから問題ないと思っていた」と申していましたよね。期限を区切って許可をしたんでしょうか?
一度できてしまった施設は赤字でつぶれない限り移転はありえないでしょう。それとも、しずれ競輪場で船券販売をするお考えなんでしょうか?


ボートピアがくるということは競輪と食い合いになる可能性もあるわけで、競輪推進派の議員はどう考えているんでしょう。
公営ギャンブルが全体的に不振といわれる中、
競輪だってやっとの思いでやっているんじゃないでしょうか。
競輪だって満足に運営できないのに、ボートピアで、目論見どおりの交付金がくるか疑問です。1億という数字はうまく言った場合意の話です。

それにしても、ボートピアって地元への利益の配分が厚いですね。利権の匂いがプンプンです。

http://www.aoyagi-masayuki.com/page021.html

投稿: 小田原不良市民 | 2010年2月10日 (水) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/47409652

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市議会とボートピア:

« 名護市長選 | トップページ | 「免訴判決に基づく刑事補償決定」 »