« Union of Concerned Scientists(USC) | トップページ | 小峰発電所(7)3月の発電量270kWh »

2010年3月30日 (火)

さよなら競輪場

100328kanagawa 小田原競輪場、この3月は19回も「開催」されました。今週は27日から今日まで4日連続開催です。
 一昨日日曜日の神奈川新聞には、「花月園競輪」のお別れ広告が出ていました。神奈川新聞は、現在でもかなり丁寧に各地の競輪結果などをスポーツ面で報道する競輪新聞ですので、この広告記事でも、「花月園競輪が生み出した助成金でどれほど助かったことか、そんな功積は忘れられ、収益金を生み出せないなら、と廃止が決まった」と無念がっています。花月園競輪は1950年に全国で50番目にできた競輪場ですが、1989年の売り上げ828億円も、昨年は143億円にまで落ち込んでいたそうです。我が小田原競輪場は、1949年、全国で9番目の競輪場として開業し、1991年の売上551億円がピークでした。ここ数年は150億円程度で推移しています。この3月期はどのようでしょうか.衰退はますます進んでいるようです。市長お約束の「段階的撤退」はどこへ行ったのでしょう。以下「加藤憲一マニフェスト」
☆競輪事業の段階的撤退に向けての検討開始
 長年にわたり事業収益によって市の財政を支えてきた競輪事業ですが、観客の著しい減少、事業収益性の低下など、その歴史的役割を終えており、数年のうちに単年度収益は赤字となる可能性が大です.小田原らしさの源泉となっているお城周辺の文教地区の核心部という立地に適した、競輪事業に替わる新たな土地活用と事業計画推進に向け、段階的撤退と跡地の有効活用についての検討を開始します。(2008.4.12.)
 もう2年近くになります。「文教地区の核心部」での再度の強盗致死事件などまっぴらです。
100329poisete 今朝の冷え込みは桜の季節としては異常でした。完全な氷点下での愛犬との散歩兼ごみ拾い。打ち捨てられ夜露に濡れた競輪新聞が、バリバリに凍っていました。冷えきった年度末です。

|

« Union of Concerned Scientists(USC) | トップページ | 小峰発電所(7)3月の発電量270kWh »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/47947308

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら競輪場:

« Union of Concerned Scientists(USC) | トップページ | 小峰発電所(7)3月の発電量270kWh »