« 4月の日曜日・無情の雨 | トップページ | 第5次小田原市総合計画 基本構想・基本計画 素案 »

2010年4月 8日 (木)

「借金時計」は回る

100408debt_gdp_latio こういうグラフはとても分かりやすいですね。zFactsというサイトからのものです。アメリカ合衆国の「借金」/GDP 比率の推移表です。ルーズベルト、トルーマンの戦時比率の上昇はすごいですね。戦時国債を大増発しています。1941年の太平洋戦争開戦以後は、捕獲した真珠湾攻撃特殊潜航艇の全国行脚などで、戦意高揚、国債増発をして戦費をまかなったようです。「借金」はGDPの120%を超えるまでになっています(大日本帝国は200%ほどとか)。ベトナム戦争時代の下降はGDPの増大がカバーしたのでしょうか。レーガン、ブッシュで急上昇、ブッシュジュニアで再上昇。さてオバマでは?
 このサイトにアメリカ合衆国の「借金」と「社会保障基金」「他国国債保有高」増減のデジタル時計があります。今日の「借金」は12兆7126億ドルほどで、めまぐるしく増え続けています。日本国の借金時計は財務省制作で公開したのですが、アクセス殺到で閉鎖されたようです。ある篤志家制作の「日本の借金時計」で見ることができます。今日の「借金」872兆1506億円ほどです。日米比は(レート 93.2換算)、872兆円/1184兆円=1/1.35ということ。国家規模から言えば圧倒的に日本国が借金大国ですね。それでも「思いやり国家」日本国は、アメリカの国債(現在3兆ドルほど)の40%ほど(もちろん第1位)を引き受け続けてきたのですが、今は20%以下になり中国に首位の座を譲っています。(ブラジルも急増)
 「日米同盟の深化」を謳う民主党政権は、軍事大国への思いやりも深化させるのでしょうか?地位協定も深化させるのでしょうか。核密約を抱き締めて「先行不使用宣言」提唱を否定し続けるのでしょうか。オバマ政権の「新核戦略」でさえ、大きく転換して先行不使用に近づいて来ているのに、日本国の防衛省は、へ理屈をこね回して異議を唱え続けるのでしょうか(東アジア戦略概観2010)。唯一の被爆国家が、核兵器先行使用の権利を保有すべきとすることは信じられません。
100408blossom 5月3日(日本国憲法記念日)からニューヨークで開催される「核拡散防止条約(NPT)再検討会議」には、日本国政府はどのようなスタンスで臨まれるのでしょうか。世情は刻々と移り過ぎます。時計はめまぐるしく回ります。今日の快晴でわが桜も「葉桜に」変容しつつあります。

|

« 4月の日曜日・無情の雨 | トップページ | 第5次小田原市総合計画 基本構想・基本計画 素案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/48030874

この記事へのトラックバック一覧です: 「借金時計」は回る:

« 4月の日曜日・無情の雨 | トップページ | 第5次小田原市総合計画 基本構想・基本計画 素案 »