« 日本国・神奈川県・小田原市 | トップページ | 小峰発電所(10)太陽光発電促進付加金 »

2010年6月10日 (木)

小田原城址公園

100610iris_2 今日、夕刻の散策は久しぶりに城址公園まで足を延ばしました。楽しみにしながらまだ目にしてない「花菖蒲園」に直行しました。この季節、紫陽花とともに最高の祝宴です。年によって開花の様子にばらつきがありますので、今年はいかがなものかと、期待と不安で訪れました。訪問客は大勢いらしてましたが、6月の半ばにしては一寸さびしい開花でした。花の管理は難しいものなんですね。
100610tea_house_2 この「花菖蒲園」は年々いろいろな趣向が施され、にぎわいに工夫がされてきたこととても嬉しいものです。今年は屋台掛けまで登場してきました。でも、いささか「景観破壊」のようにも思えます。設営費等のこともあるのでしょうが、それにしても、あまりに「無粋」な醜景に思えました。
 馬出門、馬出曲輪、隅櫓など歴史的修景はずいぶん整備されてきました。見違えるばかりの変身です。でも、城址公園は、貴重な歴史遺産であるとともに、市民や来訪者の「楽しみ」の空間でもあります。城址公園としての丁寧な整備も大切ではないでしょうか。「美しいこと」は、都市にとっての最大の情報発信です。都市経営にとってのデザインディレクションを真剣に考えて欲しいと強く望みます。
100610clematis クレマチスの丘を今日初めて探訪してきた妻から、施設設計のデザイン密度の高さ、庭園デザインの質の高さをくどくど言われて、いささか情けない思いでした。


|

« 日本国・神奈川県・小田原市 | トップページ | 小峰発電所(10)太陽光発電促進付加金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/48594407

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原城址公園:

« 日本国・神奈川県・小田原市 | トップページ | 小峰発電所(10)太陽光発電促進付加金 »