« 二千円札発行10周年記念流通促進 | トップページ | 小峰発電所(12)7月の発電量396kWh »

2010年7月31日 (土)

小田原市立病院(2)

100703607 この病院の整備改革について、市民は強い関心を持ちつつも、我が身のこととして関わるようにならないと、発言や行動は起きないのでしょう。私もそんな一人でした。去る7月25日の記事に絡んで、ある事情通の市民の方から貴重な示唆をいただきました。この病院整備についての加藤市長の動向に言及された長文のメールです。就任まもなく「救命救急センター」の開設という大きな施策を実行したが、その負荷が病院経営に齟齬をきたしていないのだろうか、一般会計からの繰り入れが増大しているが、という問題指摘です。
 公開されている市長動向や市長日記などから、つぎのように読み取られています。
 2009年7月24日の市長日記「知事と首長との懇談会」によると、「地域医療への支援。特に、市立病院に設置した救命救急センターという地域医療の要となる施設の体制整備やスタッフ確保への財政的バックアップを」と知事に要請されたようです。
 8月3日には市立病院において看護師長たちとの意見交換がなされ、翌4日の日記「看護師の現場」では「---看護師の方々の献身的な踏ん張りによって、病院の医療現場は何とか支えられていますが---今後も断続的にこのような現場との情報共有と改善を繰り返してゆくつもりです」と語られています。
 市長動向、12月25日「東海大学医学部付属病院・猪口病院長、同大学医学部・高木教授(伊勢原市)」
 2010年6月1日「県立保健福祉大学・山崎学長ら(横須賀市)」翌2日の市長日記「看護師の確保に向けて」では「市立病院の院長や看護部長らと共に横須賀にある県立保健福祉大学を訪ね、学長、副学長、学生課、就職担当などの職員の皆さんとお話をさせて頂きました。今後、医療機能の強化拡充に向けて必須となる、十分な看護師の確保に向け、看護師を輩出する大学や専門学校に対する「営業」活動の一環です」と求人活動を語っていられます。
 その後も6月7日「県立平塚看護専門学校・佐藤校長ら(平塚市)」、7月5日「東海大学健康科学部・溝口学部長、医学部・高木教授、深川教授(伊勢原市)」、7月12日「東海大学医学部付属病院・猪口病院長(伊勢原市)」、7月13日「横浜市立大学大学院・前田教授、石ケ坪教授(同大学附属病院)」、
7月16日「横浜市立大学医学部・齋藤教授ら(同大附属病院)」と連日の医師・看護師確保の折衝が続いているようです。病院経営は小田原市政のかなり切迫した課題であるのでしょう。
 小田原市(市立病院経営管理局)が策定した「小田原市立病院改革プラン(平成21年3月)」なるものがあります。「改革プランにおける基本目標を「地域住民から信頼され愛される病院として地域の急性期医療を 担うため、質の高い効率的な医療を提供する神奈川県西部地区における基 幹病院を目指す」とし、経営の改善のため、次のような取組を行います」として、「収益の確保」「医療機能の見直し」「救急医療機能の充実」「がん診療機能の強化」「患者満足度の向上」「職員の資質向上」などに努力すると記されています。みなさんもぜひご一読ください。「全力で取り組んでいきます」「引き続き努力します」「充実させます」と述べられていますが、この1年間でどんな改革がなされたのでしょうか。「患者満足度の向上」について市民意見など聴取されてはいかがでしょうか。
 (画像は私が世話になりました607号室のベッドです。「安全策は転落を防止するため、患者による着脱は想定していない。食事のためにはオーバーテーブルを柵に固定する」との回答をいただきましたが、ベッドの4方を柵で固定されることは、ベッドから下りるときには必ず看護師などの介助が要るということになります。今時こんな「柵」付きベッドなどを使い続けていることは信じ難い思いです。看護スタッフの負担が思いやられます。)

|

« 二千円札発行10周年記念流通促進 | トップページ | 小峰発電所(12)7月の発電量396kWh »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/49017083

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市立病院(2):

« 二千円札発行10周年記念流通促進 | トップページ | 小峰発電所(12)7月の発電量396kWh »