« 95th. Birthday Celebration | トップページ | 小峰発電所(13)8月の発電量426kWh »

2010年9月 7日 (火)

暫定利用?放置利用?

100907bedroom お城の散策、今日はやや早めに出かけました。いつものように閉鎖されている銅門の扉を眺めながら、馬出門から「暫定利用」の三の丸公園に向かいました。二つある休息卓のうちの一つが、金曜日からこの画像のように就寝のための毛布がしかれたベッドルーム仕様に設えられていました。ちょっと出かけてくるよという感じのきちんとした設営です。
100907gapcap テーブルの上も、ごみ回収するには気がひけます。競輪の「投票券?」がたくさんテーブルトップの目地に差し込まれています。勝負の予想など研究されていたのでしょうか。お帰りになるのを待って明日の具合で、整理しようと放置したままごみ回収散策を続けました。土日も今朝も(6時20分に)再度確認しましたが、なんの変化もありません。事件性はないのだろうかとか、管理者の「文化交流課」はいかがな判断なんだろうかなどと思い悩みながら今日もそのままにしました。
 「暫定」は、ここ当分5年10年続くかもしれません。管理者が「文化交流課」で良いのでしょうか。小田原市行政はもう少しきちんとして欲しいですね。古木の伐採より先にやることがありそうですよ。


|

« 95th. Birthday Celebration | トップページ | 小峰発電所(13)8月の発電量426kWh »

コメント

先ほどは以下のコメントを他の記事のところにしてしまいました。失礼しました。

たまたまこの記事を拝読しました。
ここはこの日だけではなく毎日毎晩のように
寝転がったり座ったりして占有している人がいます。となりのベンチもそうです。
なんだか2人の専用の休憩ツールとして使用されているのに何も市が動いてくれていないのに疑問がありました。まぁ人権とかいろいろあるのでしょうが。。。あのような決して清潔ではない人が居座っていたら、たとえ空いていたとしても座りたくありません。また、この写真のほうのベンチとテーブルは空いてるときは全くありません。
毎日見てますが不愉快ですね。

投稿: 近隣の者 | 2010年9月 7日 (火) 21時09分

路上生活者の人権・生活支援の問題は、都市経営者としての基礎自治体首長の避け得ない責任です。
小田原市にとっては、この三の丸の空地は単なる「未利用地」であって、都市施設ではないのでしょう。本来なら有刺鉄線を貼って、「立ち入り禁止」にして、行政完結としたいところですが、暫定利用の強い声に押されて、芝生を貼ってみました、どうぞご自由に、灰皿も置きました、それで終わりにしているのです。この地はきわめて貴重な行政財産(多分)で、今日の中心市街地にとってもっともっと大切に扱われるべきです。有効活用しない行政の質が問われなければなりません。
当面の管理責任所管課(文化交流課)に、強く善処を求めてください。

投稿: 松本茂 | 2010年9月 7日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/49377000

この記事へのトラックバック一覧です: 暫定利用?放置利用?:

« 95th. Birthday Celebration | トップページ | 小峰発電所(13)8月の発電量426kWh »