« 小田原城跡仮設物管理計画? | トップページ | 小田原市自治基本条例(3)素案勉強会 »

2010年10月 9日 (土)

マルシェ・ジャポン・キャラバン in 小田原・箱根

101009marche3 今日の「タウンニュース」紙で、小田原駅前の「閉鎖中地下街(日本で唯一)」「おだちか」での Marche の開催を知りました。この「おだちか」長期にわたって閉鎖されていて、テンポラリーな使用は「土地賃借契約]上困難とお聞きしていましたので、一寸びっくりしましたが、素直に嬉しい知らせでした。「朝市」Marche の実現を夢見てきた身としては、本当に嬉しい思いです。この事業経験を定着させていく努力をして欲しい。
101009marche1 さまざまな都市の「朝市」の様子から、そのまちの新鮮な息吹を感じることができます。1980年ころ、パリの marche Raspail で、この都市の成熟度に感心しました。それ以来、さまざまな都市の「朝市」に足を運んできました。この二つの画像はカリフォルニアの Santa Monica市(人口103,000人ほど)の朝市の光景(2006年夏)です。市の主要大通りThird St. を閉鎖して、毎週水曜日に開催されているとても小規模のものです。それでも、野菜、果実、加工食品から木工雑貨まで、結構豊富に出展されています。
101009marche2 パリの marche Raspail は近年わが国でも著名なものになってきましたが、日曜日は有機食材に特化した marche になっているとお聞きします。Bd. Raspail は、パリの中でも代表的なブールバールで、中央分離帯だけで10m以上あるでしょうか。そこを使っての道路朝市です。長さは1Km 以上ありそうで、パリでも最も大きく、出展者も多い、人気のたかい marche です。
 今回の小田原朝市は、マルシェ・ジャポンという事業体のキャラバンとして行なわれるようですが、ぜひ定着していっていただきたいものです。10月23日(土)と24日(日)の二日間です。朝一番で駆けつけましょう。朝市は早い者勝ちです。駅前ポケットパークでは、飲食の提供もあるそうです。


|

« 小田原城跡仮設物管理計画? | トップページ | 小田原市自治基本条例(3)素案勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/49695590

この記事へのトラックバック一覧です: マルシェ・ジャポン・キャラバン in 小田原・箱根:

« 小田原城跡仮設物管理計画? | トップページ | 小田原市自治基本条例(3)素案勉強会 »