« 古木の喪失と人々の記憶 | トップページ | TBSに抗議「事実と異なる内容」樹木伐採 »

2010年11月11日 (木)

11月11日

101111world_war 昨日11月10日、十数年ぶりに古い教え子たちに招かれて東京青山で会議と会食をしました。彼女たちも結構なお歳になっていますので、ロスアンゼルスで配偶者とともに仕事をしていたT.I.さんが、東京のホスピスに入っていることを伝えることを躊躇したまま帰宅しました。帰宅直後に訃報が入りました。乳がんの全身転移です。まだ小学生の娘さんを残されました。昨夜からなんとも悲しい時間を過ごしています。
 今日11月11日は、第1次世界大戦の終結日です。世界中、日本でも大祝賀が行なわれた世界的記念日です。この画像は、Wikipediaから転載させていただいたものですが、実に良くこの戦争の姿をしめしています。この大戦までとまったく違う「悲惨な戦争」を参加国が経験したのです。人類史に残すべき記念日です。塹壕、航空機、戦車、機関銃、高速軍艦などという画期的発明が戦闘に投入され戦争の「巨大化」を体験させられたのです。悲しさが終結した祝日でしたが。その僅か20年後には第2次世界大戦を「大国」同士が引き起こしてしまったのです。この大戦は、第1次を数等倍凌駕するありとあらゆる「惨禍」を体験させられたのです。我が日本人も「加害」「被害」の取り返しのつかない人類的不始末を「大国」と共に背負わされてしまったのです。
 にも拘らず、昨日今日のTVは、「記録映像流出」などで大騒ぎしています。野党はここぞとばかり民主党政権攻撃です。何か不思議な気分でTVを拝見していますが、この映像が国際社会に捕捉されても本当に大丈夫なんでしょうか。当方は民主党政権を擁護する気はさらさらありませんが、この流出、まずいことになったように感じています。
 2度あることは3度あるなんてことは、決してないと信じていますが、日本社会の現状は、さらなる惨禍を招くことを「想像」できないまでに疲弊しているのでしょうか。つらい「11月11日」を送ってしまいました。

|

« 古木の喪失と人々の記憶 | トップページ | TBSに抗議「事実と異なる内容」樹木伐採 »

コメント

映像の流出ですが、
流出させた海上保安官の行動は国民栄誉賞モノです。
弱腰外交に終始する民主党に非難が集中するのは当然です。もっとも、自民党にしても金正男をそのまま帰してしまった前科があり、あまりえらそうなことがいえないことは確かでしょう。
そういえば、
民主党はさんざん情報公開を連呼していた。
それなのにビデオが公開できないとはどういうことでしょうか?
小田原の市長候補の豊島さんも加藤さんも情報公開を謳っていました。自治基本条例も情報の共有化を目指していたはずだとおもいます。

政権をとれば変わってしまうんでしょうか?公開できる情報は自分たちに都合のよい情報だけなんでしょうか?

松本さんがビデオ公開を批判されるとは意外な感じがしました。

投稿: 小田原不良市民 | 2010年11月17日 (水) 16時44分

小田原不良市民さん 「国民栄誉賞モノ」かどうかには関心ありませんが、防衛や領海警備という公職に携わる公務員がこんなに自由気ままとは驚きです。佐藤密約を漏洩した外務省職員は刑罰に服しているのに、いかがなもんでしょうかね。小田原市の公務員も、自由気ままに所有行政情報を公開して欲しいですね。「市民栄誉賞」を贈呈しましょう。
 この記事をしっかり読んでください。公開された画像が『国際社会に捕捉されても本当に大丈夫なんでしょうか』という懸念を述べたものです。再度TV映像をしっかり見てください。民主党政権が秘匿しておきたかった事情が理解される筈です。

投稿: 松本 茂 | 2010年11月17日 (水) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/50000108

この記事へのトラックバック一覧です: 11月11日:

« 古木の喪失と人々の記憶 | トップページ | TBSに抗議「事実と異なる内容」樹木伐採 »