« TBSに抗議・TBSから回答書 | トップページ | 署名簿の点検 »

2010年12月 1日 (水)

いよいよ「史跡と緑の共生を目指します」

101201petition 「広報小田原12月1日号」を見て判断してくれと言う小田原市長のコメントでしたので、昨晩の守る会では、激しい論議がありました。「史跡と緑の共生を目指す」なら現「管理計画」は当然に廃棄されるべき。この計画を策定した委員がそのまま新たに設置する専門部会に横滑りとは欺瞞だ。想定される委員構成では、「史跡と緑の共生」などなんら担保できない。などなど、大きな不満と不安がメンバーから噴出しました。
 長く熱い論議の末、市長が示した新たな運用指針にまず乗ってみよう。その中から市民の常識に叶う新たな21世紀にふさわしい「城址整備」の道を生み出す努力を精一杯やろう。市側にはそのための公正な努力を求め続けよう。「専門部会」に協力する。署名簿は集約した結果を明日市長に提出する。こんな結論で新たな取り組みが始まりました。
 この画像は、今日12月1日の12時半に、署名簿13,480筆を加藤市長に提出したところです。
 「守る会」は、その運動の成果として誕生した、「史跡と緑の共生」という新たな道の選択にふみだしました。「ここから先は明確に市民の見方、環境の観点、これを入れていこうという運用指針」を示した加藤市長自身も、「守る会」の決断を迎え入れて欲しいと強く思います。

|

« TBSに抗議・TBSから回答書 | トップページ | 署名簿の点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/50181756

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ「史跡と緑の共生を目指します」:

« TBSに抗議・TBSから回答書 | トップページ | 署名簿の点検 »