« オオムラサキツツジの再生 | トップページ | 被災後の復旧・民主主義の力 »

2010年12月 8日 (水)

大詔奉戴日

101208konoe_arita この画像は、昭和16年8月3日近衛文麿から有田八郎宛の書翰です。『矢は弦を離れたる形にて、もはや 如何ともする能はす』と、軍部の暴走に匙を投げたことを告げています。この4ヶ月後には、「パールハーバー」に至ります。
 今日12月8日は、私たちにとって忘れ去りたい過去のことなのでしょうか。この日の意味は話題にもなりません。
 昭和16年12月8日の「宣戦の詔」と昭和19年10月6日の閣議決定「決戦与論指導方策要綱」を添付しました。さほど長文のものではありませんので、ご一読願えれば幸いです。
 この時代の政治風土は、いまだ過去のものになっていないように思います。私たちの国、アジア諸国、米国、すべて揺れ動いています。鬱陶しいことですが、過去に思いを馳せて見てください。

|

« オオムラサキツツジの再生 | トップページ | 被災後の復旧・民主主義の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/50242387

この記事へのトラックバック一覧です: 大詔奉戴日:

« オオムラサキツツジの再生 | トップページ | 被災後の復旧・民主主義の力 »