« 議案第31号小田原市自治基本条例 | トップページ | 議会費と議員共済費 »

2011年2月15日 (火)

「植栽専門部会」と「調査・整備委員会」

 緊急のお知らせです。今週の17日(木)に第2回目の「植栽専門部会」が、来週の23日(水)に本年度第2回目の「調査・整備委員会」の会議が開催されます。ともに午後1時30分開会、場所は小田原市民会館の第3会議室です。「植栽専門部会」は会議の前に現地視察を行なうようですので、防寒服装でお出かけください。
 ところで、このところ小田原市の「騒動」の一つになっている事案の会議ですが、どういう訳か「トピックス」にはならないようです。「審議会等の会議開催のお知らせ」にアップされているだけです。この事案に深く拘わっている方からの問合せで、所管課にお聞きしてやっとアクセスできました。「植栽専門部会」「調査・整備委員会」会議開催のお知らせページのリンクです。
 小田原市の公式ウェブサイトは、市民が行政情報を得るための貴重な窓口(狭き門)です。行政情報の公開、積極的な公開は、「自治の基本」です。
 小田原市議会3月定例会に提出された議案第31号「小田原市自治基本条例」にはこう記載されています。
 (まちづくりに必要な情報等の共有及び活用)
第14条 市民及び市は、まちづくりの取組を効果的かつ継続的に進めるため、まちづくりに必要な情報、知識、技能等を適宜、適切な方法により相互に提供し、共有し、及び活用するよう努めるものとする。

 市民と市が所有する情報は、その質も量もまったく違います。市の提供は「適宜、適切な方法」を市民の税負担で行なっているのです。「相互に提供し、共有し、及び活用する」などとのんびりしたことを基本条例に定めることなど、狂気の沙汰です。市民は、自らが税負担した情報公開を鵜の目鷹の目で探し出さなければならないなど、行政の「欺瞞」に苦しんでいます。
 市民が容易に取得できるような「積極的行政情報公開」こそ「市の執行機関」の義務規定として基本条例に厳しく定めるべきです。市議会審議の公正さを強く望みます。
 PS:基本条例については、先月の14日締め切りで慌ただしく短期間の「パブコメ」が行なわれましたが、その結果が公開されていません。市民意見の公開はしないのでしょうか。こんなことで「協働」などということが成立するのでしょうか。腹立たしい限りです。

|

« 議案第31号小田原市自治基本条例 | トップページ | 議会費と議員共済費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/50877598

この記事へのトラックバック一覧です: 「植栽専門部会」と「調査・整備委員会」:

« 議案第31号小田原市自治基本条例 | トップページ | 議会費と議員共済費 »