« 競輪のない美しい朝 | トップページ | 二つの新聞記事 »

2011年4月23日 (土)

東日本大震災被災地支援競輪???

110423rintaro 自粛、自粛で経済活動が低迷し、被災地支援のための基盤が揺らぐ、さあみんなで大いに金を使おう(電気だけは倹約してね)。北条ウイークも始まるよ、ゴールデンウイークはどんどん出かけてね。小田原競輪場も旗指物を背負った屈強な若者たちが、自転車工業振興のために力走しますよ。公営賭博の古典的存在、小田原競輪のマスコット輪太郎君にご注目。
110423katochan 2011年度の競輪ゆるキャラは、「加トちゃん」が参戦。8月15日の小田原市営「北条早雲杯争奪戦」には、加トちゃんご本人も登場されるとか。競輪再生に無尽蔵の力を与えてくれるのか。公営事業部職員(15人ほど?)諸兄姉のご奮闘を鼓舞していただけるのだろう。今年の夏は、計画停電などふらふらした節電施策が出現しそうだが、炎熱の中賭博に興ずる「高齢顧客」がどのくらい来場するのか。「おだわらTRYプラン」実施計画では『施設環境整備を進めるとともに、経営改善を図ります』と性懲りもなく言っている。「茹で蛙」もいい加減に卒業して欲しい。
110423keirinjo 「競輪のない美しい朝」は昨日で終った。今日は「東日本大震災被災地支援競輪」と銘打った西武園記念(GⅢ)の場外とかで、朝からマイクロバスが走り回っている(客は3人しか乗っていないが)。車券売場への人影もない。JKAへの4億円を超える上納金を稼ぎ出すために、恥も外聞もなく、惨めな事業をいつまで続けるのか。一体小田原市には「市民の力で未来を拓く希望のまち」などと標榜する資格などあるのだろうか。
 市議選挙の街宣車、「最後のお願い---」空しい連呼を耳にしながら、明日の「ごみ拾い」は大したことなさそうなどと考えている。悲しい気分で明日の投票に足を運ぶことになる。不快な週末になった。
1104shaken2 追記(4/24)日曜日の朝5時29分の撮影です。昨夜の雨で、サクラの顎片が道路全面を埋め尽くしていました。拙宅玄関先にはずれ車券が4枚捨てられていました。この4枚で、弁当一つ買えたかもしれない口惜しい思いが伝わってきます。そんな思いが積もり積もって、霞ヶ関のJKAに吸い上げられていく、こんな貧困ビジネスを許していいものでしょうか。

|

« 競輪のない美しい朝 | トップページ | 二つの新聞記事 »

コメント

教えてください。
こんなに競輪を毛嫌いされている松本様が、
どうしてその近くに住んでいる(近くで仕事をされている?)のでしょうか?
競輪のほうが先に存在したんですよね?
後から来て、早くやめろ、早くどけ、というのはおかしくないですか?
競輪に無関係な地域に住めばよかったのではないですか?

投稿: 博打ファン | 2011年4月23日 (土) 13時52分

博打ファンさま 「競輪に無関係な地域」とは、どこですか。日本国には「公営賭博」の制度が存在します。競輪場から離れたところに住んでいても、公営賭博の存在には反対し続けます。
わが家の近くにあるから毛嫌いしているように思われたのは、私の申しようが拙かったのでしょうか。誤解のないように気をつけます。この地を選んだのは、小田原城址に至近だからです。

投稿: 松本 茂 | 2011年4月23日 (土) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139245/51470651

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災被災地支援競輪???:

« 競輪のない美しい朝 | トップページ | 二つの新聞記事 »